メニューを開く

戻る

みんなの卓球広場

卓球製品ラインナップ
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 2016AW左バナー
  • JTTA公式レーティング
  • 功労者アワード_
  • スポーツ・フォー・トゥモロー②
  • ニッタク本社卓球教室
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

ビギナーズコーナーbeginners corner

用具の基礎知識用具の基礎知識

卓球をするのに必要な用具について知っておこう!

ラケット

ラケットはグリップやブレードの形状によって分類されます。主な種類を紹介します。

シェークハンドラケット

シェークハンドラケット

握手をするようにグリップを持つことから、この名がついている。両面にラバーを貼って使用する。現在の主流ラケットで、多くのプレーヤーが使っている。攻撃型と守備型があるのも特徴。

日本式ペンラケット

日本式ペンラケット

ペンを持つようにグリップを握るもので、以前は国内で最も多く使われていた。片面だけにラバーを貼って使用することが多い。

中国式ペンラケット

中国式ペンラケット

シェークハンドラケットのグリップが短くなったような形状で、日本式ペンと同様に、ペンを持つようにグリップを握る。両面にラバーを貼って使用することが多い。

ラケットはラバーを貼って使う

通常はラケットとラバーは別売りで、ラケットにラバーを貼って使用する。ラバーを貼る作業はショップでも行ってくれるところが多いので、お店の人に聞いてみましょう。

ラケット・ラバー

ラケットの板の構成

ラケットのブレード部分の板の構成はだいたい以下のように分類できる。

ラケット板の構成

ラバー

ラバーは、ゴムでできていて「シート」と「スポンジ」の組み合わせにより分類されます。主な種類を紹介します。

裏ソフトラバー

裏ソフトラバー

表面が平らで摩擦力が大きいため、回転をかけやすい。反発力を重視したもの、回転量を重視したもの、攻撃用・守備用などさまざまな種類がある。攻撃型の選手を中心に、もっともよく使われている。

見た目は裏ソフトと同じだが回転がほとんどかからない「アンチラバー」もある。

表ソフトラバー

表ソフトラバー

表面にツブが出ているので、球離れが早い(スピードが出やすい)。裏ソフトに比べて回転量は少ないが、相手の回転の影響も受けにくい。早いラリーで勝負する選手が使うことが多い。

このほか表ソフトのスポンジがない「一枚ラバー」もある。

粒高(ソフト)ラバー

粒高(ソフト)ラバー

表ソフトのツブの形状が長く、無回転のボールを出せる。回転がかかったボールに対しては、その回転をそのまま利用して、相手の意表をつく返球ができる。ボールの変化で勝負する選手が使用する。

粒高ソフトのスポンジがない「粒高一枚ラバー」もある。

※「ソフト」とはスポンジのことを指します。このほか表ソフトのスポンジがない「一枚ラバー」、粒高ソフトのスポンジがない「粒高一枚ラバー」、見た目は裏ソフトと同じだが回転がほとんどかからない「アンチラバー」がある。

スポンジの厚さはさまざま

初心者には「中」や「厚」が使いやすく、スポンジが厚くなるほど、ボールにスピードや威力が出ますが、コントロールが難しくなります(また重くなるので、ラケットが振りにくくなります)。ラバーは「スピードが出る=良い」ではありません。自分の技術や、目指す戦型に合わせて選びましょう。

ツブ高(ソフト)ラバー

スポンジの硬さはさまざま

シートを貼り合わせる前のスポンジの硬さを「スポンジ硬度」として数値化しています。

スポンジ硬度

ボール

直径40ミリ、重さ2.7グラム(硬式球)。質によって試合用(公認球)と練習用に分けられる。 ※このほか直径44ミリ、重さ2.2~2.4グラムの「ラージボール」もある。

ボール

ビギナーズにオススメの卓球製品