メニューを開く

戻る

みんなの卓球広場

卓球製品ラインナップ
  • ニッタク本社卓球教室
  • 17カタログ左下
  • 功労者アワード_
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

ビギナーズコーナーbeginners corner

「戦型」について知ろう「戦型」について知ろう

卓球にはいろいろな戦型(せんけい。「せんがた」ともいわれる。プレースタイルのこと)があるのも大きな特徴です。ここでは主な4つを紹介します。

1パワーボールで勝負するタイプ

森薗政崇(明治大学)
森薗政崇(明治大学)

森薗美月(サンリツ)
森薗美月(サンリツ)

パワーのあるボール(ドライブやスマッシュ)で得点を取りに行くタイプ。シェークだけでなく、ペンホルダーにも多い。サービスからの3球目や5球目で自分から強いスイングで仕掛けて、ラリーの決着を早めにつける。「ドライブ主戦型」と分類されることもある。シェークの場合、両面に裏ソフトを貼ることが多い。

主な選手:森薗美月(サンリツ)、森薗政崇(明治大学)

2ラリーで勝負するタイプ

石川佳純(全農)
石川佳純(全農)

あまりパワーだけに頼らず、ラリーをしながらコースをうまく突いて得点したり、緩急の変化をつけたりして相手にミスをさせるタイプ。主な得点源がラリーにあるのが特徴。両面に裏ソフト、または片面に裏ソフト・もう片面に表ソフトを貼ることもある。

主な選手:石川佳純(全農)

3性質の違うラバーで勝負するタイプ

伊藤美誠(スターツSC)
伊藤美誠(スターツSC)

ラケットの両面に違う性質のラバーを貼って、球質の変化で相手のミスを誘ったり、ラリーを優位に進めていくタイプ。多く見られるのが、片面に裏ソフトを貼り、もう一方に表ソフトや粒高ラバーを貼るケース。このタイプでプレーする選手は少ないので、相手がやりづらさを感じるケースがある。

主な選手:伊藤美誠(スターツSC)

4チャンスには攻撃も行うカット型

石垣優香(日本生命)
石垣優香(日本生命)

基本的にはカット(守備)をして相手のミスを誘うが、チャンスボールが来たら積極的に自分から攻撃も仕掛けて得点をねらうタイプ。両面に裏ソフト、または片面に裏ソフト、もう片面に表ソフトや粒高ラバーを貼ることが多い。

主な選手:石垣優香(日本生命)

アドバイス 「まずはシェークの裏ソフトで、2タイプをめざそう」

これから卓球を始める選手は、まずは2の「ラリーで勝負するタイプ」をめざすのがよいでしょう。シェークハンドのラケットで両面に攻撃用の裏ソフトラバーを貼り、ラリーをしっかり続けて、ミスを減らすように意識する。これを目標にして取り組んだあとに、自分の特徴をふまえて、ほかの戦型にチャレンジしていくのがよいでしょう。自分の特徴に合った戦型でプレーできるのも、卓球の大きな魅力です。

ビギナーズにオススメの卓球製品