メニューを開く

戻る

月刊卓球雑誌ニッタクニュース

月刊卓球雑誌 ニッタクニュース
  • 差し替え230×125WEBカタログ(2019秋冬カタログ)
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

坪井勇磨が史上11人目の3冠王に(第83回インターハイ)

第83回全国高等学校選手権(インターハイ)
8月4日(月)~9日(土)小瀬スポーツ公園体育館・武道館(山梨県)で開催。
『6年ぶり史上11人目の3冠王を坪井勇磨選手が達成』

第83回全国高等学校選手権(インターハイ)
8月4日(月)~9日(土)小瀬スポーツ公園体育館・武道館(山梨県)で開催。
『6年ぶり史上11人目の3冠王を坪井勇磨選手が達成』 
 
 
表彰式後の写真。
(左から、坪井選手が小学校時代に在籍していた「TTC平屋」代表の平屋さん、母、本人、父)


男子ダブルス(三部選手とペアを組み優勝:1冠目を達成)


シングルス優勝(3冠目)を決めベンチに入った板垣監督と握手。
プレッシャーから解放され、笑顔がこぼれた。

インターハイシングルス初出場の坪井勇磨(青森山田)が3冠王に輝いた。
大会最終日。3冠王の可能性を残したのは坪井だけだった。調子は良かったと思います」と
大会後振り返った通り、準々決勝の郡山(関西)、準決勝の及川(青森山田)、決勝の渡辺(明徳義塾)戦では軽快な動きとキレのある攻撃を見せた・・・・・

 
◆男子団体【優勝】青森山田高校

 男子学校対抗決勝は、青森山田と愛工大名電が対戦した。 
  トップで水谷(愛工大名電)がキレのある両ハンド攻撃で先取点をあげる。
 しかし、2番で坪井(青森山田)が勝利し、1対1に。3番のダブルスは、
丁寧なプレーを見せた坪井・三部(青森山田)が松下・松山に勝利し、王手をかける・・・・・
   
◆【準優勝】愛工大名電
 
・・・・・(詳細は「ニッタクニュース2014年10月号」に掲載しています)。   

詳細は「ニッタクニュース2014年10月号」に掲載しています
マンスリースペシャルは NITTAKU NEWS より抜粋してウェブ上で公開しています。

バックナンバー&一覧