メニューを開く

戻る

月刊卓球雑誌ニッタクニュース

月刊卓球雑誌 ニッタクニュース
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 2016AW左バナー
  • JTTA公式レーティング
  • 功労者アワード_
  • スポーツ・フォー・トゥモロー②
  • ニッタク本社卓球教室
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

JOCジュニアオリンピックカップ~2016全日本卓球選手権大会(カデットの部)~

2016年11月19日~21日
(山梨県・小瀬スポーツ公園体育館)

【14歳以下・男子シングルス】

優勝:張本 智和(JOCエリートアカデミー)

強い両ハンド攻撃は威力十分。「絶対に優勝したいと思って大会に挑みました」とコメント

 

準優勝:曽根 翔(愛工大附属中)

ボールタッチが良く、威力ある両ハンド攻撃は鋭さがあった。

 

 

【13歳以下・男子シングルス】

優勝:濱田 一輝(高知大学附属中)  

足を使ったプレースタイルで、気持ちのこもったプレーをみせた。

「自分らしいプレーができたと思います」とコメント

 

準優勝:鈴木 颯(鈴木卓球) 

小柄ながら両ハンド攻撃は威力十分。

台から距離を取っても華麗な両ハンド攻撃だった

  

 【13歳以下・男子ダブルス】

優勝:横谷  晟・篠塚 大登(愛工大附属中)

横谷の両ハンド攻撃、篠塚のセンスあるプレーが噛み合った。

  

【14歳以下・女子シングルス】

優勝:長崎 美柚(JOCエリートアカデミー)

落ち着いた試合運びで安定した両ハンド攻撃をみせた。

 

 

 準優勝:相馬 夢乃(新発田ジュニア)

安定したカットに加え、今大会は積極的に攻撃を仕掛け得点を重ねた。

 

【13歳以下・女子シングルス】

優勝:木原 美悠(ALL STAR)

 ピッチの早い両ハンドの攻撃は威力十分であった。

 

 

  準優勝:中森 帆南(ミキハウスJSC) 

バック面の変化ラバーの攻撃に、フォアハンドの攻撃も良かった。

 

 【13歳以下・女子ダブルス】

優勝:大川 真実・中森 帆南(ミキハウスJSC)

お互いの特徴が噛み合い、コンビネーションが良かった。

 

            つづきはニッタクニュース2017年1月号をご覧ください。  

※次号2017年2月号「1月16日(月)発行予定」です。

詳細は「ニッタクニュース2017年1月号」に掲載しています
マンスリースペシャルは NITTAKU NEWS より抜粋してウェブ上で公開しています。

バックナンバー&一覧