メニューを開く

戻る

月刊卓球雑誌ニッタクニュース

月刊卓球雑誌 ニッタクニュース
  • (画面左下)bnr_takusuru_230-125
  • 2018総合カタログ
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

LION卓球ジャパンオープン荻村杯北九州大会

6月6~10日、北九州市立総合体育館

■男子シングルス

現在飛ぶ鳥を落とす勢いがある、張本智和が馬龍(中国)、李尚洙(大韓民国)に勝利し、決勝に進むと、ロンドン五輪チャンピオンの張継科(中国)をゲームオールで下し、優勝を飾った。バックハンドの打点は素晴らしく、今回は試合中の戦術転換、サービスの組み立てが良かった。
 

男子シングルス優勝 張本智和 

「世界選手権のリベンジのつもりで大会に挑みました」と気合いの入ったプレーをみせた

 

準優勝 張継科(中国) 

怪我から復帰し3戦目。試合勘が戻ったのか競り合いを制し決勝へ。

途中、痛めた腰をかばう場面も見られたが、質の高いプレーをみせた

 

■女子シングルス

伊藤美誠が優勝。抜群の反射神経で、中国選手の強打をブロックすると、得意の叩きつけるようなフォアハンド攻撃とドライブを組み合わせ、決勝では、ここ最近敗れていた、王曼昱(中国)に勝利し、初優勝を飾った。

 

女子シングルス優勝 伊藤美誠 

平成25年の福原愛選手以来の日本選手での優勝。短いボールもしっかり強打ができ、驚くようなプレーをみせた

 

準優勝 王曼昱(中国) 

ダイナミックなプレースタイルで、しっかり動ける王。ボールの威力も十分

 

日本選手は、地元の声援を背に躍動。特に男女シングルスは日本選手がアベック優勝ということで、大きな盛り上がりを見せた。

    

<つづきはニッタクニュース2018年8月号をご覧ください>

※次号2018年9月号は8月10日(金)発行予定です。

 

詳細は「ニッタクニュース2018年8月号」に掲載しています
マンスリースペシャルは NITTAKU NEWS より抜粋してウェブ上で公開しています。

バックナンバー&一覧