メニューを開く

戻る

月刊卓球雑誌ニッタクニュース

月刊卓球雑誌 ニッタクニュース
  • [TOP左下]19SS伊藤選手表紙バナー230×125
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

ITTFワールドツアー ニッタク契約選手情報

ITTFワールドツアー ニッタク契約選手情報

強敵中国三選手を撃破し劇的V
伊藤美誠(スターツSC/昇陽高校)


 

スウェーデンオープンで世界ランキング(wr)トップ3に君臨する、朱雨玲、丁寧、劉詩雯の中国3選手を次々に撃破し、優勝を決めた。準々決勝ではwr.3の劉詩雯、準決勝ではwr.2の丁寧に前半リードを許す苦しい展開から大逆転勝利を収め、決勝進出を果たした。

この2試合について「前半は相手の戦術にやられっぱなしで、私の思うようにいかなかった。決勝は1ゲーム目から自分のプレーができるようにしたい」と語った通り、決勝のwr.1朱雨玲戦では、アクセル全開でスタートダッシュを切り、4-0のストレートで圧勝した。

ITTFワールドツアー
10/29-11-4 スウェーデンオープン 女子シングルス優勝
女子シングルス
準々決勝
伊藤美誠 10,-7,-7,-5,11,4,8 劉詩雯(中国)
準決勝
伊藤美誠 -3,-7,10,6,9,8 丁寧(中国)
決勝
伊藤美誠 3,3,5,8 朱雨玲(中国)

11/6-11 プラチナ・オーストリアオープン 女子ダブルス優勝
※写真は全日本選手権大会時

 

  圧倒的な攻撃力で中国ペアをくだして優勝!

 早田ひな(日本生命)

 

伊藤の変化のあるプレーの一方で早田の爆発的な威力のある攻撃が冴えわたり、準決勝、決勝で中国ペアを破って、今季3勝目を挙げた。決勝の陳幸同・孫穎莎には8月のオーストラリアオープンで敗戦していたこともあり、リベンジとなった。また、この結果によりダブルスのwr1位に輝いた。


ITTFワールドツアープラチナ
11/6-11 オーストリアオープン 女子ダブルス優勝
女子ダブルス
準決勝
早田ひな・伊藤美誠 8,-5,9,8 劉高陽・張端(中国)
決勝
早田ひな・伊藤美誠 6,7,8 陳幸同・孫穎莎(中国)
※写真は、ジャパントップ12時

 

抜群のコンビネーションで今季初勝利
森薗政崇(岡山リベッツ)

決勝は、7月のオーストラリアで完敗していた鄭栄植・李尚洙(韓国)。Tリーグで度々顔を合わせる機会も多くなった両者に対し、今回は1ゲームを奪われたが3対1で勝利。
森薗は「3度決勝に進出しながら優勝を逃していたので、今回優勝することができ、ホッとしています。今からグランドファイナルが楽しみです」と喜びを語った。


ITTFワールドツアープラチナ
11/6-11 オーストリアオープン 男子ダブルス優勝 パートナー大島祐哉(木下グループ)
男子ダブルス
準決勝
森薗政崇・大島祐哉 -3,11,5,7 イオニスク・ロブレス(ルーマニア・スペイン)
決勝
森薗政崇・大島祐哉 10,9,-3,4 鄭栄植・李尚洙(韓国)
※写真は、ジャパントップ12時

 

2大会で2冠を達成。今季4度目V
芝田沙季(ミキハウス)

今季、目覚ましい活躍を遂げている芝田はベルギーオープンとベラルーシオープンで単複2冠を達成。日本選手同士の対戦も多い中、ぶれることなく自らのプレーを貫いた。


ITTFワールドツアーチャレンジ
10/23-27 ベルギーオープン 女子単複2冠
女子シングルス
決勝
芝田沙季 7,7,7,5 橋本帆乃香
11/13-18 ベラルーシオープン 女子単複2冠
女子シングルス
決勝
芝田沙季 4,7,10,7 ミハイロワ(ロシア)
※写真はジャパントップ12時

 

 


ダブルスで2連覇を達成
大藤沙月(ミキハウスJSC)

 

 

8月末に全中チャンピオンとなった大藤は、国際大会でも先輩の芝田とのダブルスで活躍。小柄ながら長身のヨーロッパ選手に屈することなく巧みなコース取りや優れたボールタッチで勝利をつかんだ。


ITTFワールドツアーチャレンジ
10/23-27 ベルギーオープン 女子ダブルス優勝
女子ダブルス
決勝
芝田沙季・大藤沙月 13,10,4 デヌッテ・倪夏蓮(ルクセンブルグ)
11/13-18 ベラルーシオープン 女子ダブルス優勝
女子ダブルス
決勝
芝田沙季・大藤沙月 3,4,7 バラゾバ・マテロバ(スロバキア・チェコ)
※写真は9月撮影

 

 

ダブルスでリベンジ果し優勝!

曽根翔(愛工大名電高校)

 

準々決勝、準決勝と最終ゲームまでもつれ劣勢となったが、逆転し勢いづくと決勝は3対1で国際ペアに勝利。10月末のベルギーオープンでは、惜しくも敗れ優勝を逃したが、ベラルーシオープンで見事リベンジを果たした。


ITTFワールドツアーチャレンジ
11/13-18 ベラルーシオープン 男子ダブルス優勝
男子ダブルス
決勝
曽根翔・田中佑汰 7,9,-13,7 コウ・ウェイ(ウクライナ・クロアチア)
※写真はインターハイ時

 

 

<つづきはニッタクニュース2019年1月号をご覧ください>

※次号2019年2月号は1月16日(水)発行予定です。

詳細は「ニッタクニュース2019年1月号」に掲載しています
マンスリースペシャルは NITTAKU NEWS より抜粋してウェブ上で公開しています。

バックナンバー&一覧