メニューを開く

戻る

月刊卓球雑誌ニッタクニュース

月刊卓球雑誌 ニッタクニュース
  • nittaku_18awcatalog_230×125
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

【インタビュー】芝田沙季選手(ミキハウス)、枝松亜実選手(専修大)

【インタビュー】芝田沙季選手(ミキハウス)

■さらに強くなるためにミキハウスへ

 小柄ながらもパワフルな両ハンド攻撃、そしてラリー戦の強さには定評があった。迎えた今シーズンはワールドツアーで4勝。そんな活躍もあって、世界ランキングは17位。日本人選手としては5番目に位置し、世界を狙える位置にいる。


 「いとこの姉と兄が卓球をしていたこともあり、ボール拾いをしたのが卓球との出会いです。その時から楽しいと思っていて卓球を始めました。小学時代はバンビ、カブでベスト8に入ったぐらいで、全国大会で優勝するというレベルではなかったですね」と話す。


 中学2年生の全国中学校大会女子シングルスで史上初となる3連覇を狙った前田美優(現・日本生命)に勝利し、優勝はできなかったものの、ベスト4入り。そこでさらに強くなろうと、・・・

・・・つづきはニッタクニュース2019年2月号をご覧ください。

 


 【インタビュー】枝松亜実選手(専修大)

■大学で日本一になりたかった

  両親は卓球未経験。小学3年で、卓球をしていた友人に誘われ、初めて卓球に出会う。4年生になり、地元名門卓球クラブ「T・Cマルカワ」で本格的に卓球を始める。その後、山陽女子中学・高校に進学。中学では全国中学校シングルスベスト4。高校で、インターハイ団体戦準優勝、シングルスでベスト8。全国大会での優勝経験はなかった。


 「大学に入って、日本一になった経験がなかったので、1回でいいので日本一になる、という目標でいました。ですので、昨年の全日本学生で優勝できた時は、本当に嬉しかったです」
 迎えた今年の全日本学生。もちろん目標は優勝。しかし不安もあったという。


 「安藤さんが海外遠征に行くことが多くなり、昨年ほど一緒に練習することができていませんでした。また、対戦相手も私たちのことを研究してきていると思ったので・・・

 

・・・つづきはニッタクニュース2019年2月号をご覧ください。 

 

※次号2019年3月号は2月13日(水)発行予定です。

詳細は「ニッタクニュース2019年2月号」に掲載しています
マンスリースペシャルは NITTAKU NEWS より抜粋してウェブ上で公開しています。

バックナンバー&一覧