メニューを開く

戻る

月刊卓球雑誌ニッタクニュース

月刊卓球雑誌 ニッタクニュース
  • [TOP左下]19SS伊藤選手表紙バナー230×125
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

第20回全国中学選抜大会

3月23~24日、新潟市東総合スポーツセンター

男子1位トーナメント

中間東が全国中学校大会に続いて、初優勝を果たした。決勝は、6連覇中の愛工大名電を破った野田学園と対戦し、3―1で勝利した。3位は、愛工大名電と明徳義塾だった。


【優勝】 中間東(福岡)

中間東が全員プレーで初優勝!
「最近、韓国選手と交流する機会が多く、選手自身が世界に目を向けたことで、いろいろな技術に取り組んだり、生活面でも自立してきたり、そういったところが結果に出たのかなと思います。ここぞという場面で覚悟を持ってできるかどうかが重要ですが、アドバイスをよく聞いてそれを実行できるメンタルと技術がだいぶついてきたと感じました。オーダーは少し外れましたが、絶対に点を落とさないダブルスを作ってきたので、そこで踏ん張ってくれました」

 

【準優勝】  野田学園(山口)

 

女子1位トーナメント

1名が卓球未経験者ながらも層の厚い布陣で臨んだ貝塚第二が山陽女を3-1でくだして、初優勝を決めた。3位には、2年連続で益田と浜松修学舎が初めて入賞した。

 

【女子優勝】 貝塚第二(大阪) 

  

貝塚第二が涙の初優勝!

「団体戦は初めての優勝なので、嬉しいの一言です。決勝戦が一番きつかったのですが、選手は5人しかおらず、1人は一般生なので、厳しい部分もありましたが、これしかないというオーダーで臨み、それが上手くいきました。東川はキャプテンになり、普段から卓球だけでなく生活面から注意をして、チームをまとめてくれたのでキーパーソンになります」と、皆川顕一監督

 

【女子準優勝】 山陽女(岡山)

 

 

 

・・・つづきはニッタクニュース2019年6月号をご覧ください。
 

※次号2019年7月号は6月11日(火)発行予定です。

詳細は「ニッタクニュース2019年6月号」に掲載しています
マンスリースペシャルは NITTAKU NEWS より抜粋してウェブ上で公開しています。

バックナンバー&一覧