メニューを開く

戻る

月刊卓球雑誌ニッタクニュース

月刊卓球雑誌 ニッタクニュース
  • [TOP左下]19SS伊藤選手表紙バナー230×125
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

第88回 全国高等学校選手権大会(インターハイ)

8月15日~20日、鹿児島アリーナ

男子学校対抗

決勝は8月19日に行われ、愛工大名電と野田学園が顔を合わせた。

トップで、昨年度インターハイシングルス優勝の戸上(野田学園)が、抜群のプレーで加山を圧倒し、

ゲームカウント2-0の10-5とリードするが、加山がそこから驚異的な粘りを発揮し逆転。

加山は最後に雄叫びをあげた。流れに乗った愛工大名電は2番の曽根も勝利し王手をかける。

ダブルスは、決勝のためだけに準備をした曽根・篠塚がきっちり勝利し、愛工大名電が4連覇を達成した。

準優勝は野田学園。ベスト4には、遊学館、鶴岡東が表彰台に上がった。

 

優勝 愛工大名電(4連覇)

今枝監督 「選手が思い切ってプレーしてくれました。本当に選手には感服します」

 

準優勝 野田学園

 

 

 

女子学校対抗

決勝戦は、四天王寺と遊学館が対戦。出雲・相馬の2枚看板の遊学館に対し、四天王寺は豊富な練習量で、3回戦の大成女子戦などに勝利し、勢いがあった。菅澤(四天王寺)が、1年生とは思えない堂々としたプレーで先取点をあげるが、2番で出雲(遊学館)が大川に勝利し、イーブン。3番のダブルスは出雲・相馬のチャンピオンダブルスを、高橋・中森が完璧なプレーで勝利する。王手をかけた四天王寺は、4番の中森が、相馬に対し、丁寧なカット攻略をみせ勝利し、7連覇を達成した。

準優勝は遊学館。ベスト4は、明徳義塾、萩光塩学院だった。

 

優勝 四天王寺(7連覇)

 

村田監督「本当に選手に恵まれています。監督冥利につきます」

 

準優勝 遊学館

    

・・・つづきはニッタクニュース2019年10月号をご覧ください。
 

※次号2019年11月号は10月10日(木)発行予定です。

詳細は「ニッタクニュース2019年10月号」に掲載しています
マンスリースペシャルは NITTAKU NEWS より抜粋してウェブ上で公開しています。

バックナンバー&一覧