メニューを開く

戻る

月刊卓球雑誌ニッタクニュース

月刊卓球雑誌 ニッタクニュース
  • 差し替え230×125WEBカタログ(2019秋冬カタログ)
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • banner_jam_234x60
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

平成23年前期日本リーグ東京大会

6月22~26日 墨田区総合体育館

平成23年前期日本リーグ東京大会は、6月22~26日まで、墨田区総合体育館で行われた。

 

男子優勝:東京アート

 

男子1部は、東京アートが7戦全勝、5期連続16度目の優勝を達成した。

東京アートは単複の要である韓陽が故障で出場できず、苦戦を強いられたが、日本代表の張一博が単・複に活躍。張は単で5勝をあげ、最高殊勲選手を受賞。

また、これまで出場機会が少なかったカットの塩野が大事な場面で起用され、4勝をあげる活躍を見せた。

 

2位は、明治大。

今年度入学の平野、神、岡田らが社会人相手に活躍。また、1戦目、2戦目では水谷が出場するなど、今大会は注目を浴びた。

 

3位は、協和発酵キリン。

単複に出場した木方、田勢を軸に下山、横山、小野が活躍した。

 

4位は、シチズン。

主将となった田中満雄が単で5勝をあげ、ファインプレー賞を獲得。新人の軽部も単複に出場し新人賞を獲得した。

 

5位は住友金属物流。

気合いの入ったプレーを見せた森田、沼田が活躍した。沼田は記録こそ残っていないが、東京アート戦ではラストで勝利するなど、ファインプレー賞を受賞した。

 

6位は、愛知工業大。

エース森本が単で5勝をあげ、優秀選手賞を受賞した。

 

7位は原田鋼業。

近大卒トリオが活躍し、愛工大に勝利。入替戦に勝利し、後日1部残留戦を行う。   

 

8位はTTSタカハシ。

原田鋼業に勝利をしたが、ゲーム率で最下位に。後期は1部復帰を目指す。

 

男子2部は、リコーが優勝した。

全日本混合複優勝の瀬山が加入し戦力がアップ。

阿部、森下が安定した戦いをみせ、優勝をかけたエリートアカデミーとの一戦では、ラストで石崎が劇的な勝利をあげた。

惜しくも準優勝だったエリートアカデミーは、全選手とも初参戦時とは比べられないほどレベルアップをしていたのが印象的。

 

女子優勝:日本生命

 

女子1部は、日本生命が昨年の後期大会に続き24度目の優勝を達成した。

第6戦でアスモに敗れたものの、チーム一丸となって戦い優勝した。

世界大会でも活躍した藤井寛・若宮のダブルスが優秀ペア賞、藤井寛はシングルスでも6勝活躍、最高殊勲選手賞を受賞した。

 

2位は、日立化成。

優秀選手賞を受賞した野中をはじめ、新人賞を獲得した森薗、市川の社会人1年目コンビが活躍した。

 

3位は中国電力。

エースの福岡が単で6勝、土井との複でも確実に勝利を重ね、チームの3位入りに貢献した。

 

4位は、サンリツ。

全日本選手権で2位となった阿部・小野のダブルスを軸に、新人の天野が活躍。

 

5位はアスモ。

優勝した日本生命に勝利するなど、存在感を示す。

 

6位は十六銀行。

世界選手権に出場した山梨が単複で健闘し、上位チームとの対戦でもチームは互角の勝負を見せた。

 

7位は朝日大。

中村・大野のダブルスに加え、留学生の張が奮闘。社会人相手に互角以上の試合を展開した。

 

8位は神戸松蔭女大。

勝利には至らなかったが、鳥居、小川ら、学生らしい思い切ったプレーを見せた。

 

女子2部は、エリートアカデミーが優勝。

エース谷岡、佐藤に加え、単で3勝をした浜本、森田、石川が活躍した。

準優勝はエクセディ。

福留真代が、社会人1年目ながら単複に出場、新人賞、優秀ペア賞を獲得した。

詳細は「ニッタクニュース2011年8月号」に掲載しています
マンスリースペシャルは NITTAKU NEWS より抜粋してウェブ上で公開しています。

バックナンバー&一覧