メニューを開く

戻る

月刊卓球雑誌ニッタクニュース

月刊卓球雑誌 ニッタクニュース
  • 差し替え230×125WEBカタログ(2019秋冬カタログ)
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

第24回 全国ラージボール大会

6月9~12日 三重県営サンアリーナ

10回出場の表彰者。男子27名、女子36名。
代表として地元の杉森昌子(若草ク)が表彰を受ける

 

スムーズな運営で好評


 

 第24回全国ラージボール大会は、6月9日~12日まで三重県伊勢市の三重県営サンアリーナで開催された。

 

震災の影響で東北からの参加者が少なかったが、2,500人の愛好者が参加した。

 

メインアリーナ、サブアリーナに計70台を設置、それでも中央通路をゆったり確保することができ、また、四隅には卓球台がおけるスペースがあるなど、申し分のない環境の中で開催された。

 

2年前の山形大会の運営・進行もほぼスケジュール通り進み、選手から好評を得たが、今回もほぼタイムテーブルに沿って行われ、素晴らしい大会となった。

 

女子シングルス65歳に出場した平田洋子(武蔵野クラブ)が9連覇を達成、また、混合ダブルス100歳で小松孝次・井ノ口博子(バオバオ・花野井クラブ)が5連覇、女子ダブルス130歳で橋本佐枝子・古市智子(埼玉)が同じく5連覇を遂げた。

 

来年は石川県金沢市で開催される。

 

混合ダブルスで5連勝を遂げた小松孝次・井ノ口博子組(バオバオ・花野井クラブ)

 

女子シングルスで9連覇を達成した
平田洋子(武蔵野クラブ)

詳細は「ニッタクニュース2011年8月号」に掲載しています
マンスリースペシャルは NITTAKU NEWS より抜粋してウェブ上で公開しています。

バックナンバー&一覧