メニューを開く

戻る

月刊卓球雑誌ニッタクニュース

月刊卓球雑誌 ニッタクニュース
  • 差し替え230×125WEBカタログ(2019秋冬カタログ)
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

INTERVIEW:森田侑樹・瀬山辰男

全日本学生選手権 ダブルス優勝
まず、優勝した感想から。
森田  試合直後は、ダブルスの決勝の後にシングルスの2回戦以降があり、閉会式も終わっていなかったので、実感がありませんでした。
夢を見ているのではないかな、という状況でした。
しかし、2、3日経ってから、優勝したんだな、という雰囲気が出てきました。
辰男(瀬山)とペアを組んで、なかなか結果を出せない時期もありましたが、最後の最後で優勝できて嬉しいです。

瀬山  私も優勝した直後はあまり実感がなかったです。
1年生の時から、侑樹さん(森田)とペアを組ませていただき、本当に優勝できて嬉しかったです。

森田君にとっては最後の全日本学生ですが、何か特別な思い入れは。
森田  辰男と2年間組んできて、関東学生で3位という結果はありましたが、団体戦でも、個人戦でもいい成績がなく、今年の東京選手権が一番良い成績(ベスト8)だったと思います。
去年も全日本学生では負けていたのですが、なぜか自分でもよくわからないのですが、優勝するのではないかな、という自信がありました。
最後に自分の名前を歴史に刻めて嬉しいです。

瀬山  侑樹さんと組んで学生の試合に出られるのが最後だったので、絶対に優勝したいという気持ちがありました。
準々決勝で水谷・甲斐組に勝って、勢いがついたと思います。
そこから優勝できるのではないかなと、プレーをしながら思っていました。

大会前、組み合わせを見たときは。
森田  ランクに入って、すぐに水谷・甲斐組と対戦するという組み合わせでした。正直なところ、対戦するのが早すぎるかな、という感じがありました。

瀬山  私も水谷・甲斐組が勝負だろうと思っていました。

その水谷・甲斐組にはどういう対策を立てたのですか。
森田  普段はこんなことは言わないのですが、どうやったら勝てるのかな、と辰男と話し合いました。
普段は、直感でプレーするというか、試合の流れやその日の調子で試合をするタイプなのです。

瀬山君は森田君にどう答えたのですか。
瀬山  どうやって勝ったか、忘れてしまいました。どうでしたっけ。

森田  とにかくサーブ、レシーブを注意して、先に攻めて行こうと話し合いました。
水谷一人にまるめこまれないようにしました。
きっと事前に打ち合わせした作戦がうまくいったから、勝てたのだと思います。


《森田侑樹》:フォアハンド主戦のグリップ
「フォアハンド主戦なので自分はどちらかというとフォアハンドグリップです。用具は、フォア面は中国ラバーを使っています。
スピード補助剤がなくなって色々と他のラバーを試しましたが、中国ラバーの回転力に勝るものはなく、戻しました。」


《瀬山辰男》:力を入れないように握る
「両ハンドをスムーズに切り替えられるように意識しています。フォア、バックを振る時に瞬間的にグリップが変わっていると思います。ラバーは良く弾んで回転がかかるのでレナノスブライトハードを両面に使用しています」


詳細は「ニッタクニュース2009年12月号」に掲載しています
マンスリースペシャルは NITTAKU NEWS より抜粋してウェブ上で公開しています。

バックナンバー&一覧