メニューを開く

戻る

月刊卓球雑誌ニッタクニュース

月刊卓球雑誌 ニッタクニュース
  • 差し替え230×125WEBカタログ(2019秋冬カタログ)
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

INTERVIEW:石川佳純

インターハイ女子シングルス2連覇
「今年はしっかり練習できたので良かったと思います」
決勝は気を入れて戦った

インターハイが終わって、20日間ほど経ちますが、今の気持ちは。
石川  シングルスで優勝することができましたから、ホッとしています。

インターハイの目標は、3種目優勝だったと思いますが。
石川  団体戦は負けてしまったのですが、ほんとに良い試合だったと思います。みんなで頑張った結果が2位ということで仕方がないと思い、シングルスで頑張ろうと思いました。

団体戦は、力は出したけれども、という感じですか。
石川  みんな力は出せたと思います。
相手は中国の留学生もいたし、ラストの酒井さんも頑張りましたし、試合は感動しました。

調子自体は。
石川  すごくよくて、プレー自体は満足しました。

去年と比較したら。
石川  去年はケガもあり、練習できない状態で試合に挑んだので不安でしたが、今年はしっかり練習することができたので、良かったと思います。

それは、5月の世界選手権で素晴らしい成績を残せたので、自信に繋がったということはありますか。
石川  世界選手権の成績が良かったので、勝ちたいという気持ちが強かったと思います。
その気持ちと勢いに乗ることができたことがよかったと思います。

酒井選手と組んだダブルスも優勝しましたね。
石川  去年、負けていたので挑戦者の気持ちでプレーしました。
酒井さんとは、しっかり練習することができたので、自信はありました。
酒井さんは、試合では練習で取れないボールを取ってくれたりして、助けてくれました。

シングルスは、1ゲームも落とさないということで完璧な結果だったと思いますが。
石川  最後の決勝の時に、あれ、もしかして、1ゲームも落としていないかな、という感じで、それまで全然、意識していませんでした。

それほど集中していたということですか。
石川  そうだったのかもしれません。
全部ストレートで勝てるとは思っていませんでした。

何がよかったのですか。
石川  受身にならず、自分から攻めていけたことと、前より打点が速くなって、チャンスボールが多くなったと思います。




詳細は「ニッタクニュース2009年11月号」に掲載しています
マンスリースペシャルは NITTAKU NEWS より抜粋してウェブ上で公開しています。

バックナンバー&一覧