メニューを開く

戻る

月刊卓球雑誌ニッタクニュース

月刊卓球雑誌 ニッタクニュース
  • 差し替え230×125WEBカタログ(2019秋冬カタログ)
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

平成21年度第78回全国高校選手権大会 石川佳純

女子シングルス2連覇 石川佳純(四天王寺)


完璧な試合運びを見せる

第78回全国高校選手権大会が8月5~10日まで、グリーンアリーナ神戸で開催された。

世界選手権で活躍した女子の石川佳純(四天王寺2年)、森薗美咲(青森山田2年)、男子の松平健太(同3年)、上田仁(同3年)らが出場したことで、おおいに盛り上がった。

注目の石川はシングルスで2回戦から決勝まで1ゲームも落とさず完璧な試合運びと勝負強さを見せ、2連覇を飾った。
また、酒井と組んだダブルスでライバルの森薗・秦組を下し、初優勝を遂げた。

「大会の目標は、3冠でした。
しかし、学校対抗では接戦の末に負けてしまいましたが、みんな頑張っての結果だったので、落ち込まなかったです。
次の日にシングルスの決勝があったので、すぐに切り替えました。
 大会前から大嶋監督に『派手なプレーはいらないから、地味なプレーをしなさい』といわれ、受身にならないように気をつけてプレーしました。
また、最終日は挑戦者の気持ちで試合に挑むことができ、接戦の場面でも積極的に攻めれたのが良かったです。
インターハイは高校時代で3回しかチャンスがないので絶対に優勝したい大会です。
去年は去年。今年は今年と考えて、次のインターハイでは3冠優勝が目標、シングルスでは史上初となる3連覇に挑みたいです。」


▲ダブルスに優勝した酒井・石川組
詳細は「ニッタクニュース2009年10月号」に掲載しています
マンスリースペシャルは NITTAKU NEWS より抜粋してウェブ上で公開しています。

バックナンバー&一覧