メニューを開く

戻る

月刊卓球雑誌ニッタクニュース

月刊卓球雑誌 ニッタクニュース
  • 差し替え230×125WEBカタログ(2019秋冬カタログ)
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

石川佳純選手インタビュー

ジャパンオープン荻村杯
ジャパンオープン荻村杯2008の女子シングルスで予選リーグを1位で通過した石川佳純選手。
台上処理に成長の後が見られ、また、積極的なプレーが随所に見られた。

今大会バック系技術がよく、サーブが効いたと思います。

-- 荻村杯を振り返っていただけますか。
予選リーグからレベルが高い試合の中で、予選を1位で突破することができ、とても嬉しいです。

-- 韓国の李恩姫選手との対戦はいかがでしたか。
李選手は、表の選手でとてもピッチが速いので、自分はミスをしないようにして、相手にミスをさせるように意識しながら、焦らずプレーするようにしました。

-- 世界ランク34位の選手でしたが、ゲームオール9本で勝利ということで、うまくいきましたね。
うまくいったと思います。

-- 次はクロアチアのバラク選手だったのですが、今度はゲームオール9本で敗れた。
サーブ、レシーブがうまくいきませんでした。
また、コースが悪くて強いボールをたくさん打たれてしまいました。
パワーで負けてしまったという感じです。
サーブ、レシーブとコースをしっかりしなければいけないと改めて思いました。


-- 3試合目は、中国香港の張瑞選手でしたが...
勝てば1位になれるので、挑戦者の気持ちで焦らずに最後までやろうと心がけました。
サーブ、レシーブでいろいろ変化をつけてプレーしました。とにかく、何が何でも勝ちたかった。


-- サーブが効いていたようですが...
バックへのロング系が効いたと思います。
それから、レシーブがやりやすかったことと、レシーブの時にバックやミドルにナックル気味にして返球したのが効きました。


-- その時のレシーブは、今までしていなかった技術だと思いますが...
母体での練習の時に、練習や練習試合で使用して効果があったので試したら、思ったより効果がありました。

-- 相手はほとんどミスしていましたね。
はい。

-- 4-0で会心の勝利...
2ゲーム目が4-8とリードされて、このゲームを挽回したいなーって思いました。2ゲーム目を挽回できたのが大きかったと思います。

-- 目標の1位通過となりましたが・・・
練習を頑張ってしてきたので嬉しかった。

-- 決勝トーナメントですが、いかがでしたか。
シンガポールのスン・ベイベイ選手と初めて対戦したのですが、思ったよりサーブ、レシーブ、ドライブなどが回転がかかっていました。
特にドライブが最後まで合わせられなかった。
また、技術的にもまだまだ相手の方が上だと思いました。


-- 今大会、点数をつけるとしたら何点ぐらいですか。
60点ぐらいです。

-- それはどうして・・・・
コースが甘いとか、サーブ、レシーブのこととか、結果はまずまずだったと思いますが、いろいろな課題がたくさんあって、そこがわかったのが良かったと思います。

-- 技術的な部分で良かったところをあげるとすれば・・・
バック系技術がよくなったことと、それから、サーブが効いたと思います。
詳細は「ニッタクニュース2008年8月号」に掲載しています
マンスリースペシャルは NITTAKU NEWS より抜粋してウェブ上で公開しています。

バックナンバー&一覧