メニューを開く

戻る

月刊卓球雑誌ニッタクニュース

月刊卓球雑誌 ニッタクニュース
  • 差し替え230×125WEBカタログ(2019秋冬カタログ)
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

平成20年度 春季関東学生リーグ戦

於・東京代々木第2体育館

▲1部男女でアベック優勝を飾った早稲田大学メンバー
早大、2季ぶり27回目のV
大会最終日、早稲田と明治の全勝対決が優勝を目指し激突した。

早大は1年生の笠原をトップで起用。明大はエース格の軽部。競りながらも笠原が先取点を挙げる。

2番は取られ1対1。3番は塩野主将と水野のエース対決。
塩野は粘り強く相手のドライブを返球。1球ごとに会場から歓声が沸く。一進一退の攻防は塩野に軍配が上がる。
勢いに乗りダブルスも早大が制し、ゲームカウント3対1で一気に王手をかける。
しかし、ここから明大の反撃が始まる。
5番、6番とポイントをあげられゲームカウント3対3。

早大ラストは1年生でカットの御内。対する明治はこれまで幾度もラストで勝利している石崎。
御内は切れ味鋭いカットと攻撃選手顔負けの鋭い攻撃が冴え、ストレートで勝利し、見事伝統の早大卓球部を27回目の優勝に導いた。

 
▲早大を支えた主将・塩野真人。明大戦では大きな1点をチームにもたらす
 
▲優秀選手賞の瀬山辰男(中大)。センス溢れるプレーで観客を魅了した

【男子1部】

▼5月15日(木) 第7戦
早稲田大  4‐3 明治大
○1笠原 10-812-69 軽部
 2高岡 9-9-10-7 甲斐○
○3塩野 99-129 水野
○4足立 4117   水野
  笠原       小野
 5原田 -7-79-8  池田○
 6足立  -11-5-6  小野○
○7御内  695  石崎

■男子1部最終成績

1.早大(7勝)
2.明大(6勝1敗)
3.中大(5勝2敗)
4.筑波大(3勝4敗)
5.専大(3勝4敗)
6.埼工大(3勝4敗)
7.大正大(1勝6敗)
8.駒大(7敗)
 
殊勲賞    笠原弘光(早大)
敢闘賞    徳増信弥(専大)
優秀選手賞  塩野真人(早大)
       笠原弘光(早大)
       瀬山辰男(中大)
最優秀ペア賞 足立・笠原(早大)
最優秀新人賞 笠原弘光(早大)
       甲斐義和(明大)

▼男子2部最終成績
1.日本大(5勝)
2.法政大(4勝1敗)
3.日体大(3勝2敗)
4.青山学院(1勝4敗)
5.神奈川大(1勝4敗)
6.國學院大(1勝4敗)
殊勲賞      明晨(日大)
※日大は1部昇格。2位の法政大は、1部7位の大正大と入替戦。



早大女子 創部初1部優勝
早大のポイントなったのは2日目の淑徳大戦であった。
トップで主将の梶本が淑徳大の山梨に敗れたが、2番の木田が中国人留学生の王に競り勝ち1-1。
ダブルス敗退の後、4番でエースの照井が、大型新人の石垣選手を下し、2‐2。
その後、両チームとも一点ずつ取り、ラスト早大はカットの亀崎。淑徳大は入学以来負け知らずの阿部。
試合は、お互い丁寧なプレー展開となり、促進ルールが適用された。

だが、最後まで崩れなかった亀崎が3-2で制し、4時間の熱戦にピリオドを打った。
この勝利で波に乗った早大はこのまま優勝まで駆け抜け、女子卓球部は創部61年目にして1部で初優勝を勝ち取った。 

惜しくも準優勝に終わった淑徳大は、ミスの少ない山梨、表ソフトのスマッシュ攻撃の小野の活躍が光っていた。

3位の大正大はエースの井上と新人の加藤の活躍が目についた。
4位はチームワークが良かった東京富士大が入り、5位は中大であった。

 
▲優勝の立役者の亀崎遥。
 淑大、大正大戦で決勝点をあげる
  ▲全身を使ったピッチの早い攻撃が得意の山梨有理(淑徳大)

【女子1部】

▼5月8日(木)  第2戦
早稲田大   4‐3 淑徳大
 1梶本  -479-5-9 山梨○
○2木田  10-89-117 王
 3小野   -4-5-3  小野○
  田中        山梨
○4照井   46-89 石垣
○5梶本  -5698  阿部
  照井        石川
 6田中  7-10-3-7 小野○
○7亀崎  7-56-95 阿部

■女子1部最終成績

1.早稲田大(7勝)
2.淑徳大(6勝1敗)
3.大正大(5勝2敗)
4.東京富士大(4勝3敗)
5.中央大(3勝4敗)
6.専修大(2勝5敗)
7.日体大(1勝6敗)
8.青山学院大(7敗)
 
殊勲賞     照井萌美(早大)
殊勲賞  唐沢優佳(東京富士大)
優秀選手賞   照井萌美(早大)
        山梨有理(淑大)
   リュウティン(東京富士大)
最優秀ペア賞 梶本・照井組(早大)
最優秀新人賞加藤亜理沙(大正大)

▼女子2部最終成績
1.日本大(4勝)
2.國學院大(2勝2敗)
3.日女体大(2勝2敗)
4.和洋女大(2勝2敗)
5.東洋大(4敗)
殊勲賞      須田愛(日大)
※日大は1部昇格。2位の國學院大は、1部7位の日体大と入替戦。

詳細は「ニッタクニュース2008年7月号」に掲載しています
マンスリースペシャルは NITTAKU NEWS より抜粋してウェブ上で公開しています。

バックナンバー&一覧