メニューを開く

戻る

月刊卓球雑誌ニッタクニュース

月刊卓球雑誌 ニッタクニュース
  • 差し替え230×125WEBカタログ(2019秋冬カタログ)
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

シリーズ 素顔:石川佳純

石川佳純(ミキハウスJSC)
 「嫌がられるプレーを…」

今年1月の全日本で4強入りとブレイクして以来、卓球界のみならず、最も将来を嘱望されるアスリートとして注目を集めるのが石川佳純だ。

8月19日から22日まで、青森県で行なわれた全国中学校大会では、団体とシングルスとも昨年に続き制覇、貫禄を示した。それに先立つ5月には、史上最年少で世界選手権の大舞台も経験。着実に進化を遂げている。

その世界選手権について、
「出られると思っていなかったので、うれしかったし、とてもいい経験になりました」
と石川は語り、こう続ける。
「日本の代表として勝ちたかったのですが、負けてしまい申し訳ない気持ちでいっぱいです。次はぜひ勝てるようにがんばりたいです」
無邪気な表情とは裏腹に、真っ直ぐ前に向けられた視線には、既に代表選手としての気概と矜持に溢れているようだ。

初出場の世界選手権の出来は「60点」と言い、マイナスの40点は、作戦面や緊張で足の動きが若干よくなかったこと、という。
 とはいえ、バランスの取れた攻守、競ったシーンでの状況認識の確かさ、そして、思い切りのよさ。
石川の非凡さを形容する言葉はこれまでさまざまに出ているが、それを端的に表すのは彼女の姿勢のよさにある。下の写真をご覧いただきたい。

軸がブレずに、体をうまく回転させているのがわかる。
体勢が崩れないということが、エースボールを繰り出す確率を高めるのであろう。
ここにこそ、石川の天才性の片鱗が垣間見えてくるのだ。

撮影=安部俊太郎 取材=青柳雄介
詳細は「ニッタクニュース2007年10月号」に掲載しています
マンスリースペシャルは NITTAKU NEWS より抜粋してウェブ上で公開しています。

バックナンバー&一覧