メニューを開く

戻る

月刊卓球雑誌ニッタクニュース

月刊卓球雑誌 ニッタクニュース
  • 差し替え230×125WEBカタログ(2019秋冬カタログ)
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

スピード補助剤「スピードアクセル」水溶性接着剤「ファインジップ」の使用方法

ノングルーはニッタクにお任せ!!

ニッタクは、卓球界に強さと安全性と経済性を確立--。
ノングルーはニッタクにお任せ!!

ニッタクは、卓球界に強さと安全性と経済性を確立--。

日本卓球協会では、9月1日より世界に先駆け、揮発性有機溶剤入り接着剤の使用禁止を決めた。 

揮発性有機溶剤入り接着剤は、有害な反面、打球のスピードが増すという利点があり、国内外のトップ選手はもとより、若手選手、シニア選手も使用している。

世界では、北京五輪後の08年9月1日より禁止されるが、日本では世界に先駆け1年早く実施される。

ニッタクでは、卓球関係者の意向を鑑み、2つの大きな柱を持って応えようとしている。

1つは、高性能のラバー、ラケットの組み合わせと水溶性接着剤により、従来のグルー効果と同等の効果を実現することである。
エネルギー集約型ラバーの「ハモンド?」と、安定感のある高性能7枚合板ラケットの「アクティブ7」、そしてテンション内蔵型ラバーの「ナルクロスEX」と高品質のカーボンファイバーを使用したラケットの「レッドシャンク」の組み合わせがベストマッチとしてお勧め。

2つ目は、従来のラバー、ラケットにスピード補助剤と水溶性接着剤を使用することで、高弾性を実現することである。
この商品は8月1日に発売されたグルー効果再現の新世代スピード補助剤「スピードアクセル」と、ラバーの再使用を可能にした新水溶性接着剤「ファインジップ」である。

選手からはグルーに代わる商品として喜びの声をいただいている。
実業団の名門チーム・シチズンの渡辺監督は、「スピードアクセルはいい感じだと思います」。また、谷口選手、河原選手、並木選手は、「飛びに関してはグルーと変わりません。これなら心配ありませんね」と語る。

中野選手、田中選手は、「弾みはいいですね。8月の実業団選手権が終わってから使いますが、すぐに慣れると思います」と話す。

スピードアクセル、ファインジップの使用手順
 

1. スピード補助剤「スピードアクセル」、水溶性接着剤「ファインジップ」、ラケット、ラバー等一式を揃える。
必要に応じてダンボール、新聞、刷毛、スポンジ等も揃える
 
2. ラバーのスポンジ面にスピードアクセルクロスを被せます。
この時附属の手袋を使い、直接クロスに触れない方がいいと思います

 

3. スピードアクセルクロスをラバー全体に馴染むように押し広げ、硬式の場合は、3時間程度クロスを被せ、ラージの場合は、2時間以内がいいと思います
 
4. クロスを取り除き、ファインジップをスポンジ面に塗布します。この時刷毛、ブラシ、スポンジ、ラバー台紙の切れ端等ご利用下さい

 

5. 同じようにラケット面にも素早くファインジップを塗布します。
全体がほぼ透明になるまで、15分程度乾かします
 
6. 全体がほぼ透明になれば貼り合わせが可能です。
ラケットへラバーを貼り合わせ、しっかり圧着しましょう

 

7. ラケットに沿ってラバーを切り、完成。
スピードアクセルの効果は、塗布時間にもよりますが、1週間から10日間ほど続きます
 
8. クロス使用後、クロスを浸す程度スピードアクセル液を注入してください

 
9. 効果が薄れてきた時はファインジップ膜をはがしてから、再度クロスで塗布。
2回目からは、クロスでなでるように塗布するだけでOK!!

協力:シチズン卓球部
    森薗政崇選手
詳細は「ニッタクニュース2007年9月号」に掲載しています
マンスリースペシャルは NITTAKU NEWS より抜粋してウェブ上で公開しています。

バックナンバー&一覧