メニューを開く

戻る

月刊卓球雑誌ニッタクニュース

月刊卓球雑誌 ニッタクニュース
  • 差し替え230×125WEBカタログ(2019秋冬カタログ)
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

アスリートファイル: 張一博(東京アート)

病弱だった頃を支えてくれた母のために
病弱だった頃を支えてくれた母のために
卓球の本場・中国から、遠い異国の地である日本にやってきたのは、高校生になったばかりのころだった。
 〈強くなりたい〉
ただ、そのことだけを考えて張一博はやってきたのである。

しかし、言葉は分からないし、文化や慣習も異なる。練習で必死にボールを追う以外、ふさぎ込むことが多くなっていた。そんなとき、そっと誘い出してくれたのは、先輩であり現在協和発酵に所属する田勢邦史だった。
「精神的にまいっているときに、田勢さんと話すことで、随分と助けられました。もし田勢さんがいなかったら、ぼくは中国に帰っていたかもしれません」
こう苦しかったころを振り返る張は、再び高い集中力で練習に明け暮れるようになる。

青森山田高では、エースとしてチームに貢献。
「吉田安夫先生には、勝負に対する考え方を教えていただきました。どんな場面になってもあきらめない。常に向かっていく気持ちが大切である、ということを勉強しました。これは、吉田先生からでないと学べなかったと思います。感謝の気持ちでいっぱいです」

今年からは実業団の名門・東京アートに所属し、さらなる飛躍を期しているのである。

社会人選手としてのデビュー戦となった、前期日本リーグでは主軸としての活躍をみせた。
「まわりもみんな強い選手ばかりで、大きなプレッシャーがかかって緊張しました」という張は、決勝の対グランプリ戦のラストで加山と激突した。
初めての対戦である。
出足の2本を連取し、サーブ権が加山に渡った。短いサーブが来た。
張のレシーブは、あらぬ方向に飛んでいってしまった。
続いてロングサーブ。再び張はオーバーミス。
「これで一気に緊張してしまいました。レシーブが入らなければ勝つことはできない。そう思ったら...」
加山は、サーブのみならずブロックにも定評がある。
それでも張は粘り強く戦い、1、2セットを連取。
3セット目の4‐4のときだった。
フォアのドライブで4本5本と攻める張。固いブロックで凌ぐ加山。

結局、最後は張がミスをし、ここから流れが加山に移っていった。
「そのままだったら、ちょっとマズかったのですが、コーチの指示で、少し緩急をつけ、バックハンドはミスをしないようにすることで、その後をなんとか乗り切ることができたんです」

デビュー戦でいきなりチームの優勝に貢献することができた。
上出来ではあるが、張はもっと先の大きな舞台を視野に入れている。

「いずれは、帰化して日本人になって、そして日本代表として世界選手権やオリンピックで活躍したい、そう思っています」

取材・文■青柳雄介 撮影■安部俊太郎
詳細は「ニッタクニュース2007年8月号」に掲載しています
マンスリースペシャルは NITTAKU NEWS より抜粋してウェブ上で公開しています。

バックナンバー&一覧