メニューを開く

戻る

月刊卓球雑誌ニッタクニュース

月刊卓球雑誌 ニッタクニュース
  • 差し替え230×125WEBカタログ(2019秋冬カタログ)
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

平成19年度春季 関東学生リーグ戦

東京代々木第2体育館
早大、2季ぶり26回目のV

トップの時吉は、競りながらも、水野を3-1で下す。
久保田がそれに続き、1年生の軽部を白熱した試合の末破り、3番の足立も勝利。
完全な早稲田ペースだったが、明治は足立・松山組が1点返し、反撃開始。

そして、大会隋一の好ゲームとなった下山-小野戦。
2セット連取した下山に対し、小野も2セットを奪い返す。
最終 瀬戸もジュースにもつれ込む大接戦を制したのは下山だった。
伝統の早稲田は2シーズンぶり26回目の歓喜の優勝。


磐石の淑徳大が4季連続V

 選手6人の小数精鋭ながら、淑徳大が精度の高さを見せ4シーズン連続10回目の優勝を果たした。

ヤマとなったのは、初戦の東京富士大との試合。
王と山梨が接戦を落とし、前半を2-2で折り返しほぼ互角の展開。
しかし、山梨・小野組が気迫のプレーを見せ、3-1で勝利。流れを引き寄せた。
続く6番の石川も思い切ったプレーで3-1で勝利、淑徳大は大一番を制し、連続優勝に大きく前進したのだった。

ベンチが一丸となり、それぞれの役割を果たすなど、チームワークのよさが光った。

 


 

■男子1部■(5月11日(金))

早 稲 田 大
4‐1
明 治 大
○1時吉
○2久保田
○3足立
 4下山
  時吉
○5下山
8、-6、3、11
10、9、-5、5
7、8、10
-11、-9、-11

9、7、-9、-9、10
水野
軽部
日高
足立
松山
小野

埼 工 大
4‐3
専 修 大
 1沼田 
 2小野
○3胡
○4沼田
  佐藤
 5伴
○6佐藤
○7尾前
6、-9、7、-6、-7
10、-5、-6、-5
5、10、8
9、-6、14、3

-8、-6、-10
5、4、4
-8、10、6、10
立石○
松岡○
森田 
徳増 
森田 
徳増○
江藤 
宇都野 

中 央 大
4‐0
駒 澤 大
○1吉田
○2森田
○3森下
○4森田
  瀬山
10、3、6
-10、-6、15、8、6
11、8、5
7、9、10
渡井
桑原勇
高橋
桑原勇
松竹



殊勲賞   足立智哉(早稲田大学)
敢闘賞   胡彦广(埼玉工業大)
優秀選手賞   足立智哉(早大)
胡 彦广(埼工大)
松岡新也(専修大)
最優秀ペア賞   森田・瀬山組(中央大)
最優秀新人賞   足立智哉(早大)
松岡新也(専大)


▲優勝表彰式後、喜びを爆発させる早稲田大学の選手たち

▲単複活躍した下山(左)・時吉
さらに飛躍し春・秋完全優勝を狙う
 

▲創部初の1部2位となった埼工大。
秋は優勝を狙う。写真は沼田(左)・佐藤


■女子1部■(5月11日(金))

淑 徳 大
4‐1
中 央 大
○1王
○2小野
 3阿部
  石川
○4山梨
○5山梨
  小野
9、-9、10、-7、5
10、5、3
-8、6、-7、-7

-13、10、2、9
8、6、8
芦田
中山
岩村○
安田
野上
野上
中山

青山学院大
4‐2
日 本 大
 1代
 2大槻
○3阿部
  山崎
○4阿部
○5大槻
  代
○6山崎
10、-9、-9、-6
9、-2、7、-6、-7
9、9、10

8、8、10
6、8、-9、11

8、12、6
劉 ○
坂本○
大庭
坂本
大庭
須田
中村
定岡

東京富士大
4‐1
大 正 大
○1
○2坂巻
○3坂巻
  唐沢
 4加能
○5日高
  加能
1、4、5
3、4、-6、3
8、-12、7、6

-10、-6、-8
-6、8、14、-9、8

挟間 
菊池 
井上 
小山内里 
張○
中熊 
藤田 



殊勲賞   小野思保(淑徳大学)
敢闘賞   坂巻美恵(東京富士大)
優秀選手賞   阿部恵(青山学院)
  (東京富士大)
小野思保(淑徳大)
最優秀ペア賞   小野・山梨組(淑徳)


▲ムードがいい淑徳大ベンチ

▲優勝に貢献した淑徳大の
阿部・石川組
 

▲淑徳大にあと一歩のところまで
迫った、東京富士大学

取材=取材=片野賢二、青柳雄介、安部俊太郎、温哲亮

詳細は「ニッタクニュース2007年7月号」に掲載しています
マンスリースペシャルは NITTAKU NEWS より抜粋してウェブ上で公開しています。

バックナンバー&一覧