メニューを開く

戻る

月刊卓球雑誌ニッタクニュース

月刊卓球雑誌 ニッタクニュース
  • nittaku_18awcatalog_230×125
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

この人のこの言葉:藤井基男

卓球愛好家。著書に「卓球物語」「カットマン」「卓球 元気が湧く43の話」など多数。
朱世赫(韓国)と福岡春菜の「変化プレー」に学ぶ
---ジャパンオープン荻村杯を見て

今回は、番外編である。
「この人のこの言葉」ではなく、「この人のこのプレー」を取りあげることにした。


両選手の大きな違いと共通点(変化プレー)

「この人」とは、九月の荻村杯ジャパンオープンで、ともにすばらしいプレーをした朱世赫(しゅせいかく)と福岡春菜(はるな)の両選手である。
このふたりのプレーには、大きな違いと大きな共通点がある。
違いから言うと、朱は台から少し離れた中陣附近で、バックカットとフォアハンドの強力ドライブを得意とする。
これに対して福岡は、台に近い前陣で、ショートやツッツキを多用し、攻撃チャンスはフォアハンドスマッシュというプレーを得意とする。

共通点は何か。
ともに右ききのシェークハンド・グリップで、フォア面に裏ソフトラバー、バック面に粒高ラバーを張り、“変化プレー”を中心に戦うことである。朱の変化プレーには、よく切れるバックカットを土台としたカットそのものの球質変化(切ったり切らなかったり)と、バックはカット、フォアは攻撃という異なる技を組み合わせたプレー全体の変化とがある。
2003年の世界選手権で第2位になって世界の注目をあびたときには、猛烈に切れたバックカットを送り、相手のネットミスを誘う。
やっと持ちあげて、「打ちごろのドライブ」で返してくるところを、待ちぶせしてフォアハンド強打で得点するというプレーが多かった。フォアハンドはカットよりも攻撃を得意とする新しいタイプの“中陣攻守型”である。

福岡は、目を見はる変化サービスの名手である。日本の歴代選手のなかで、一番。
そして、粒高面でのショートやツッツキをまぜた変化プレーで得点をねらう。また、この変化プレーでチャンスをつくり攻撃を仕かける。
そういうプレーを中心にして今年の世界選手権(団体の部)で銅メダリストになっている。

ボルの強力・多彩な攻撃に、反撃チャンスをつぶされた朱

さて、荻村杯---。
大会第3日の九月二三日は土曜日とあって、また“愛ちゃん”が出るとあって、会場の横浜文化体育館は超満員。立ち見席券が2500円で売られていた。

朱は、男子シングルス3回戦でボル(ドイツ)と対戦。
残念ながら、日本の男子選手は、2回戦までに姿を消した。
ボルは、さすが世界ランク第2位の選手だけあって、朱のカットを、左腕からのドライブに強弱をつけながら巧みに攻めこむ。凡ミスがない。
加えて、朱が攻撃をまぜようとすると、速いドライブで攻める。または逆コースをついてくる。このため、朱としてはいいカットが入るのだけれども、もう一つの得意技である“フォアハンドの強力攻撃”による反撃チャンスがほとんどつかめないまま敗れた。

この日、福岡は女子シングルス3回戦で世界ジュニア・チャンピオンの丁寧(中国)を大接戦で破り、最終日(翌日)の準決勝進出を決めた。観客席からだけでなく、役員席からも拍手がおこった。

郭戦における福岡の勝ちゲームと完敗ゲームの戦いぶりの違い

準決勝で福岡は、世界ランク第3位の郭(中国)と対戦。
フォア・バックともに強力ドライブで攻める選手だ。
スコアは、次のとおりだった。
   
12-10
   
 
7-11
 
郭 4
15-13
1 福岡
 
11-4
 
 
11-6
 

完敗した第4第5ゲームの福岡の戦いぶりを見ると、第4ゲームは9-3と大きく離されるまで、三球目攻撃(スマッシュ)を1本も打っていない。
第5ゲームも「勝負あり」と感じられる8-2まで、三球目スマッシュを打っていない。
粒高面のショートやツッツキを多用する“変化プレー”中心に戦った(これを「第1の戦術」と呼ぶこととする)。だが、慣れられてきている。
荻村杯で3位入賞と活躍した
福岡春菜選手(中国電力)
加えて、福岡に三球目強打がないために、郭はあせらない。
落ち着いて福岡の変化を見きわめ、両ハンドの強力ドライブを連発して、9-3あるいは8-2とリードを広げたのであった。
途中で福岡が、変化プレーのあとにフォアハンド攻撃を試みたが、相手のドライブに回転がよくかかっているためであろう。
オーバーミスが多かった。
変化プレーで得点をねらう。変化プレーでチャンスをつくり攻撃をするーーという得意の戦い方(戦術)が通用しなくなった終盤であった。

これに対して、勝ちとった第2ゲーム(セット)と勝ちかかった第3ゲームにおける福岡の戦い方には、明らかな違いがあった。
 (第1ゲームはメモを取らなかったので、はぶく)

第2ゲーム、5-6の競り合いで、スマッシュを決めた。
このゲームで福岡が見せた初めてのスマッシュ得点だった。
すると、このあとの変化プレーが効いて、郭にミスがつづき9-6と福岡がリード。
ここでまた福岡がスマッシュを決めて10-6とし、11-7で勝った。

つづく第3ゲームも、4-7で負けているとき三球目スマッシュを決めて5-7としたあと、相手に連続ミスが出て(変化プレーが効いて)7-7と追いあげた。
大接戦となり、9-10、10-11、11-12の瀬戸ぎわで三球目スマッシュを決めた。
見事な福岡の判断のよさと勇気と集中力の持続だった。13-14の最後の場面で、三球目強打をせずつないだところを、郭に攻めこまれて惜しくも勝機を逃している....
 
詳細は「ニッタクニュース2006年12月号」に掲載しています
マンスリースペシャルは NITTAKU NEWS より抜粋してウェブ上で公開しています。

バックナンバー&一覧