メニューを開く

戻る

月刊卓球雑誌ニッタクニュース

月刊卓球雑誌 ニッタクニュース
  • 差し替え230×125WEBカタログ(2019秋冬カタログ)
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

第76回全日本大学対抗選手権大会

8月10日~13日 東京武道館

青森大 VS 早大の決勝。張が先取点


専大と筑波大が3位入賞

第76回全日本大学対抗選手権大会は、8月10日~13日まで東京武道館で開催された。

予選リーグの後、決勝トーナメントが行われ、男子は、関東から早大、埼工大、明大ら7チームがベスト8に進出、残り1チームは東北からは青森大が進出した。

まず、関東リーグ4位の中大が青森大に挑戦した。関東新人覇者の森田を軸に白神、森下が健闘したが、3-1で惜しくも敗退。
専大-明大戦は、明大有利の予想だったが、専大は新人の森田と徳増が頑張り、明大を3-1で下した。

埼工大-筑波大戦は、4年の森門が2点取る活躍を見せたが、埼工大はラストの佐藤が安定したプレーを披露し、逃げ切った。

早大-駒大戦は、スコアーは3-0だったが、駒大の健闘が光った。

準決勝。
青森大-専大は、好調だった森田が2番で取っていれば面白かった。

早大-埼工大戦は、内容は互角だったが、早大が締める。

 
 

張一博(青森大学)

アグレッシブなプレーで久保田を下し、先取点をあげる。また、一生けん命なプレーは好感が持てた

 
 
 

時吉佑一(早大)

早大のエースとして単複に活躍する。チームは準優勝

 

決勝。青森大-早大。
結果は3-1で青森大が勝ったが、各ゲームとも決勝にふさわしい接戦となり、大いに会場を沸かした。
早大は、ラストの塩野まで回したかったところ...



淑徳大-筑波大の対決。山梨が決勝点


中大と立命館大が4強

女子は、関東から7チームがベスト8に入り、残りは関西から立命館大が入った。

準々決勝は、昨年優勝の日大を3-2で下した大正大対筑波大が対戦。大正大は、孫と狭間がポイントをあげたが、筑波大は伊藤と重本がきっちり勝ち星をあげる。筑波大の野中は孫にゲームジュースで敗れたが、切れのあるプレーを見せた。

立命館大-東京富士大戦は、トップでカットの中川がゲームオール9本で下したポイントが大きかった。

中大-専大戦は、ラスト勝負となり、田村の変化ボールを打ち切った中大の岩村が、最後は歓喜の勝利。

淑徳大-青学大戦は、青学大が先取点をあげたが、淑徳大が逆転。

山梨有理(淑徳大)
1年生ながらチームのエースとして単複で大活躍

準決勝。筑波大-立命館大。
トップは四天王寺の先輩(伊藤)後輩(石塚)対決となり、大きなプレー展開を見せた伊藤が勝利。

淑徳大-中大戦は、トップでエース同士が対決、渡辺が勝っただけに中大にもチャンスはあったが、ラストの原がすばらしい当たりを見せ、淑徳大が決勝に進んだ。

決勝の淑徳大-筑波大戦は、山梨を後半に置いた淑徳大が3-1で筑波大を下し、6回目の優勝を遂げた。



淑徳大学2年ぶり6回目の優勝
「チームの気持ちが一つになって、良い雰囲気でできました」と金燦東コーチ
詳細は「ニッタクニュース2006年10月号」に掲載しています
マンスリースペシャルは NITTAKU NEWS より抜粋してウェブ上で公開しています。

バックナンバー&一覧