メニューを開く

戻る

月刊卓球雑誌ニッタクニュース

月刊卓球雑誌 ニッタクニュース
  • nittaku_18awcatalog_230×125
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

第48回世界選手権大会(団体戦)の見どころ

男女とも中国が優位

日本女子は三大会連続メダルを狙う

男女とも中国が優位

日本女子は三大会連続メダルを狙う

 
世界チャンピオンの王励勤(中国)
 
世界2位の郭

日本男子はベルギー、クロアチア戦が勝負

第48回世界選手権大会(団体戦)が4月24日(月)~5月1日(月)までドイツ・ブレーメンで開催される。

さて、今大会であるが、団体戦のエントリーは2月24日に締め切られ、3月8日に国際卓球連盟(ITTF)が世界チームランキングを決め、15日にドロー(抽選)が行われた。
その結果、男子は予選Bグループに入り、韓国(2位)、クロアチア(8位)、フランス(11位)、日本(15位)、ベルギー(18位)、ブラジル(26位)と同組となった(ランキングは06年3月現在)

日本男子は、日本チャンピオンの吉田海偉(日産自動車)を軸に、高校生の岸川聖也(仙台育英)水谷隼(青森山田)で戦うことが予想され、ベテラン松下浩二(グランプリ)を相手の出方を見ながら起用することになるだろう。

24日が韓国、25日がブラジル、26日がクロアチア、27日がベルギー、28日がフランス戦となる。

「フランス、クロアチア、ベルギー戦での吉田選手の活躍が鍵となると思います。とにかく、日の丸の重さを感じて頑張ります」と宮崎義仁・男子監督。

「若い選手たちに負けないように頑張りたい。また、若手選手がポテンシャルを発揮してくれれば上位に行くと思います」と松下浩二。

なお、順当に行けば、決勝は中国対韓国と予想され、5月1日に行われる。中国は、世界王者の王励勤、馬琳、王皓、陳杞に残り一人は若手の馬龍か。

上位チームを予想すると、中国、韓国、ドイツ、中国香港が妥当なところか。ダークホースとしてヨーロッパチャンピオンのデンマークをあげたい。世界3位のメイスにベンツェン、ツグウェルと揃っている。優勝はないだろうが、面白い。


3月24日に行なわれた日本代表選手団壮行会


女子はシンガポール戦が山

01年大阪大会、04年ドーハ大会と連続銅メダルを獲得している日本女子は、今回予選Dグループとなった。
Dは、日本(4位)、シンガポール(6位)、クロアチア(14位)、ロシア(13位)、アメリカ(19位)、スロバキア(22位)の6チーム。

世界ランク19位の福原愛(グランプリ)と日本チャンピオンの金沢咲希(日本生命)を軸に、前回活躍した藤沼亜衣(ミキハウス)を3番手に起用し、安定性のある平野早矢香(ミキハウス)と変化球で勝負する福岡春菜(日本大学)を交替で起用することになるだろう。

予選1位を決めるゲームはシンガポール戦となり、26日に対戦する。

「前回、前々回とメダルを取っているので、今回もそれを目指して頑張りたい。各チームとも力の差がほとんどないので、気を引き締めてかからなければならないが、まずはシンガポールに勝つことが大切になります」と近藤欽司・女子監督。

「野球で王ジャパンが強いキューバに勝ったように、自分も強い中国に勝ちたいと思います」と福原愛。

順当に行けば、日本は中国と準決勝で対戦、29日に行われる。
決勝は、中国対中国香港(韓国)か。決勝は30日。
中国が優勝すれば7連覇になる。世界チャンピオンの張怡寧、元女王の王楠、世界2位の郭、若手の郭躍が出場する。

詳細は「ニッタクニュース2006年5月号」に掲載しています
マンスリースペシャルは NITTAKU NEWS より抜粋してウェブ上で公開しています。

バックナンバー&一覧