メニューを開く

戻る

最新情報

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • nittaku_18awcatalog_230×125
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。
  • HOME>
  • 最新情報>
  • 第2回理事会報告 2020東京五輪の選考基準を決定

JTTA

JTTA

2018/09/26

第2回理事会報告 2020東京五輪の選考基準を決定

公益財団法人日本卓球協会(JTTA)は、9月22日に理事会を開催した。
主な報告は以下の通り。


 


(1) 東京五輪の選考基準の決定


代表選手男女各3名の発表は2020年1月6日(月)を予定。


(ⅰ)シングルス選出方法
2020年1月に発表される世界ランキングで上位2名をシングルスの代表として、JOC (日本オリンピック委員会)に推薦する(日本人選手として1番目の世界ランキングが3名同順位、または2番目の選手が2名以上重複した場合の決定方法等、その他詳細についてはJTTAホームページをご覧下さい


(ⅱ)団体戦メンバーの選出方法
団体戦のみの3人目は、シングルス代表に選出された2名とのダブルスのペアリング及び団体戦のシングルスとダブルスで活躍が期待される選手を強化本部が決定し、JOCに推薦する。


(ⅲ)混合ダブルス選出方法
混合ダブルスの男女各1名は、シングルスあるいは団体戦に選出された3名ずつの中から最高のペアリングと思われる1組を強化本部が決定し、JOCに推薦する。


(2)2022年世界選手権大会開催誘致
2022年の世界選手権大会(団体)の開催地に立候補することを決定した。11月中旬までに開催地を選定、国際卓球連盟(ITTF)に対して、立候補を正式に申請する。


(3)2020年ジャパンオープン理事会
2020年のジャパンオープンは福岡県北九州市で開催が決定した。


(4)全日本選手権大会マルチボール化について
また、来年1月に開催される全日本選手権大会では試合開催期間最後の2日間(土、日)は
マルチボール化を採用して競技を行う(マルチボール化とは1試合の中で複数のボールを使用する方式)