メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17'秋冬パンフ
  • バナー左下(ミックス)
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

高校生tournament results category

【インターハイ】四天王寺の村田監督「スーパーサブふたりの存在が大きかった」

高校生

2016/08/04

【インターハイ】四天王寺の村田監督「スーパーサブふたりの存在が大きかった」

 4連覇を決めた四天王寺の村田充史監督。決勝の明徳義塾戦を振り返って、「高校選抜の決勝でも明徳さんとやっていて、選抜は3ー1。でもラストで木村が先に負けていたから、実質は3ー2だと思っていた。そこに塩見が入った分、こちらは層が厚くなった。決勝のポイントになったのは2番の橋本。梅村が良いスタートを切ってくれて、2番橋本がエース対決でしっかり勝ちきってくれたことで流れが来た」と語った。「3番の(梅村/塩見の)ダブルスは昨日の決勝で負けていることもあって、どうかなと思っていたけど、最後はきっちり勝ってくれましたね」。
 
 キャプテン橋本が国際大会などで不在が多くなる中、チームを支えたのは他の3年生ふたり、三條裕紀と塩見紗希であったことを村田監督は明かした。「三條と塩見の存在は大きかったですね。スーパーサブとしてチームをまとめてくれた」と感謝の言葉を述べた。三條に対して村田監督は「いつでも試合に臨めるよう、準備をしておいてくれ」と伝えていたという。昨年シングルスベスト8の先輩が後ろに控えているという安心感、あるいはレギュラーメンバーにとっての危機感が、四天王寺をさらに強くしていた。

 写真は3年生の塩見紗希と握手する村田監督。