メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17'秋冬パンフ
  • バナー左下(ミックス)
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

高校生tournament results category

【インターハイ】愛工大名電が苦しみながらも栄光をつかんだ

高校生

2016/08/04

【インターハイ】愛工大名電が苦しみながらも栄光をつかんだ

トップで田中を起用した愛工大名電。対する野田学園はツインエースの一角、左の沼村。

やや硬さがみえる田中をよそに、沼村が気迫を全面に出し、自分を鼓舞していく。鋭く深いチキータでリードを奪い、勝負どころは強気のロングサービス。

ラリーでも鋭いボールと山なりのボールを使い分け、力む田中のカウンターミスを誘った。試合を支配した沼村が上級生の意地を見せる形になった。

 

2番は1時間前の男子シングルス5回戦の再戦。竹崎のカットは一層粘り強くなっていたが、木造が果敢にフォアドライブを打ち込む。点数を重ねていけば、竹崎は攻撃を増やしていく。2ゲーム目の後半もサービスと3球目で攻め込んでゲームを奪ったが、その後は木造が対応。

レシーブをつなぐことなく、チキータで狙いに行き、竹崎の攻撃を封じた。前半のシングルスは1-1。互角でダブルスを迎える。

 

勝負をわけるダブルスは伊丹/沼村が中陣から伸びのあるドライブを次々に打ちこんでペースを握る。しかし、ゲームを取り合う中で、より丁寧に試合を作ったのは名電ペアだった。

チキータで先手を取りたい野田学園ペアだったが、4ゲーム目から急にミスを多くなり、5-1とりーどされてしまう。サービスもやや長くなったか、木造が一発でレシーブエース。

少しのミスが一気に点数を離していく。チャンスを見逃さなかった愛工大名電がダブルスを制した。

 

4番は松山と伊丹の3年生対決。

押せ押せの松山と伊丹の激しいラリー戦は、意外にも1ゲーム目のみで、その後はお互いに緊張からか思うように強打が決まらない。2ゲーム目は伊丹の強打が次々に決まったが、いつもの強烈なボールではない。むしろ松山が気負い、ブロックミス、カウンターミスで自ら失点を重ねてしまう。

3ゲーム目途中まで同じペースだったが、4-4から松山がボールをつなぎだした。無理に打たず、相手のボールを利用するように変化をつける。ひとつひとつを丁寧に入れていき、打ち急ぐ伊丹のタイミングを崩して10-4と6連続ポイント。このゲームを取る。

4ゲーム目も同じくつなぐプレーだが、そこを伊丹がこじ開けて、6-2とリードするが、じわりと松山も迫って6-6。

7-7、8-7、8-8と離れない点差のまま9-9。ここで松山が長いドライブ戦で、力強いフォアを打ち込み、ついにマッチポイントを握った。10-10、11-11、12-12、13-13。決めきれないなかで、その時がやってくる。

14-13。松山が打ち込んだフォアカウンターが伊丹のラケットを弾き、激戦に終止符を打った。

 

21年ぶり、愛工大名電の優勝。

喜ぶメンバ-、そしてベンチで涙を流す今枝監督。

表彰式で胸にかけたメダルと笑顔は何よりも輝き、誇らしげだった。

写真上:愛工大名電の表彰
写真中左:4番で勝利した松山
写真中右:笑顔でベンチに帰る松山
写真下左:21年ぶりの優勝に涙の今枝監督
写真下右:無念、伊丹は5番につなげなかった