メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17'秋冬パンフ
  • バナー左下(ミックス)
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

高校生tournament results category

【インターハイ】男子準決勝は木造と高見が勝利。決勝へ

高校生

2016/08/05

【インターハイ】男子準決勝は木造と高見が勝利。決勝へ

●男子シングルス準決勝

木造(愛工大名電) -12、8、5、8、10 田中(愛工大名電)

高見(愛工大名電) -8、-9、4、9、11、-7、4 松山(愛工大名電)

 

第1シードの木造が、新進気鋭の田中を下し、決勝へ進出。

序盤は田中の揺さぶりに手を焼いたが、レシーブを散らし、先手を取らせない。

田中は前陣で鋭いバックハンドを操り、木造のフォアサイドを狙っていきたいが、木造はストップ、ツッツキ、流しなど、巧みな打法とコース取りで、田中の待ちを外していく。

内容はあったが、終わってみれば4-1。先輩木造が貫禄を見せた形になった。

 

決勝の相手は高見。松山との打撃戦を冷静にかわし、フルゲームで勝ち上がった。

序盤は松山の強振に押されていた高見だったが、徐々に前に付き、ブロックとカウンターで振り回していく。松山は良いボールを打っているのに決まらない状況。さらにパワーを上げたいが、ミスも多くなる。

じわりじわりとゲームを詰められて、最後は松山のボールを防ぎきった高見に軍配。

 

松山は「同じことばかりしていまい、弱気になって変えられなかった。優勝したかった」と口数少なくコメント。

しかし、全種目で表彰台に上がった松山。胸を張って良いだろう。

写真上:田中を下した木造
写真中左:決勝へ進出した高見
写真中右:松山、無念の準決勝敗退
写真下:田中は十分にポテンシャルを見せつけた