メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17'秋冬パンフ
  • バナー左下(ミックス)
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

高校生tournament results category

【インターハイ】女子準決勝、早田ひなと橋本帆乃香が勝利!

高校生

2016/08/05

【インターハイ】女子準決勝、早田ひなと橋本帆乃香が勝利!

●女子シングルス準決勝
橋本帆乃香(四天王寺) 8、ー9、ー7、9、5、2 木村香純(四天王寺)
早田ひな(希望が丘) 9、ー8、5、7、8 梅村優香(四天王寺)
 

女子シングルス準決勝は、第1シードの橋本と第2シードの早田が勝利。戦前の予想どおり、決勝で激突する。

橋本は木村の正確なツッツキとループドライブに対し、ゲームカウント2ー2と互角の展開。しかし、ここからフォアのスマッシュ、バックハンド強打の手数を増やし、ブロックの得意な木村の守りをくるわせた。コートに立つと普段よりも大きく、強く見える橋本。変化と攻撃で連続得点できる、新しいタイプのカットマンだ。

一方、早田は過去0勝4敗と苦手にしている梅村から、ついに白星を挙げた。強引に回り込まず、回転量の多いバックドライブを梅村のバック面に集め、ミスを誘った。「打たせてとる」タイプの梅村だが、早田レベルの豪打を先に打たれては勝機は薄かった。「今まではブロックで粘っても何とかできたけど、もう粘っても勝てなくなった」と試合後の梅村。しかし、次回の対戦ではまた早田対策を練ってくるだろう。

女子シングルスも決勝を残すのみ。過去の対戦では早田が圧倒しているが、昨年2位から悲願の頂点を狙う橋本に策はあるのか。上写真は早田、下写真左は橋本、下写真右は梅村。