メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17'秋冬パンフ
  • バナー左下(ミックス)
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。
  • HOME>
  • 大会結果一覧>
  • 国内大会>
  • 平成28年度後期日本リーグ大阪大会 男子結果 1部は協和発酵キリン 2部は原田鋼業が優勝!!

国内大会tournament results category

平成28年度後期日本リーグ大阪大会 男子結果 1部は協和発酵キリン 2部は原田鋼業が優勝!!

国内大会

2016/11/07

平成28年度後期日本リーグ大阪大会 男子結果 1部は協和発酵キリン 2部は原田鋼業が優勝!!

平成28年度後期日本リーグ大阪大会が、11月2日~6日まで、大阪市中央体育館で行われた。

男子1部は、協和発酵キリンが優勝した。

優勝をかけた一戦は、最終日の第7戦。全勝対決で、協和発酵キリンと東京アートが対戦。トップで、平野(協和発酵キリン)が勝利するも、2番は大矢(東京アート)が勝利する。ダブルスは、東京アートペアのペースで進むが、松平・上田が粘りを見せて逆転する。王手をかけた協和発酵キリンだが、4番は高木和(東京アート)が素晴らしいプレーで勝利すると、流れが東京アートに傾く。5番の塩野が、カットと攻撃を織り交ぜ2ゲームを先取。3ゲーム目も、塩野のペースで進み、9-5でリードする。
 会場の多くが、「勝負あったか」と思った瞬間であったが、協和発酵キリンの関係者は諦めていなかった。笠原は、1本ずつ気持ちを込めてプレーする。9-7となり、東京アートがタイム。しかし流れは変わらず、笠原が11-9で逆転。すると4ゲーム目以降は笠原の攻撃が面白いように決まり、塩野に勝利。優勝を決めた。



優勝を決めた協和発酵キリン



ラストの笠原(協和発酵キリン)。最後まで諦めずプレーし、大逆転勝利!!

 

最終戦でも勝利し、優秀選手賞を受賞した大矢(東京アート)



松平・上田(協和発酵キリン)ペアは、最優秀ペア賞を受賞

 

1部ファインプレー賞受賞の英田(信号器材)


2部男子は、原田鋼業が優勝 

 

男子2部で松浦佑紀(原田鋼業・左)が最高殊勲選手賞を受賞


【結果】

男子1部 優勝:協和発酵キリン 2位:東京アート 3位:シチズン 4位:日鉄住金物流 5位:愛工大 6位:リコー 7位:信号器材 8位:JR北海道

男子2部 優勝:原田鋼業 2位:日野自動車
※日野自動車は、1部との入替戦に進出。

また前・後期成績上位4チームで行われる「プレーオフ大会・JTTLファイナル4」に 『協和発酵キリン』『東京アート』『シチズン』『愛工大』が進むことが決まった。