メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17'秋冬パンフ
  • バナー左下(ミックス)
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

世界ジュニアtournament results category

【世界ジュニア】初出場の張本智和がメダルを決める!

世界ジュニア

2016/12/07

【世界ジュニア】初出場の張本智和がメダルを決める!

●男子シングルス準々決勝
張本 ー9、6、ー9、3、11、ー8、8 カサン(フランス)
楊碩(中国) 12、11、4、ー8、ー9、1 安宰賢(韓国)
呉柏男(香港) 9、9、8、6 黄建都(チャイニーズタイペイ)
趙勝敏(韓国) ー7、1、ー9、5、7、10 ヒップラー(ドイツ)
 
男子シングルス準々決勝、日本勢で唯一残った張本が、3回戦の徐海東戦に続いてゲームオールの熱闘を制し、ベスト4進出。女子の加藤に続いて、こちらもメダルが確定した!
 
試合後、「第1ゲームの8ー4から逆転されて、接戦に持ち込まれてしまった」と張本が語ったように、カサン戦はゲームの序盤でリードを奪う展開が多く、できればゲームオールに持ち込まれる前に決着をつけたい試合だった。しかし、前日の混合ダブルスで腰を傷めているカサンは、回転量の多いループドライブなどで丁寧に攻めながら、台上に浮いたボールは飛び込みざまにフォアのパワーフリックで狙ってきた。
最終ゲームは張本7ー5のリードから、サービスミスなどで7ー8と逆転され、嫌なムードが漂ったが、張本がここから4点連取。先輩の龍崎が「本当に勝負強い」と評するとおり、13歳らしからぬ強心臓ぶりで乗り切った。
 
残るベスト4の3名は、中国の楊碩、香港の呉柏男、韓国の趙勝敏とアジアの強豪が顔を揃えた。韓国のエース趙勝敏は、男子団体決勝で木造に完敗した時と同じく、サウスポー同士の対戦。2ー1とリードされ、やや苦しんだが、コースの多彩なチキータと、ストップからのフォアドライブ速攻で押し切った。
 
上写真は張本、下写真左は趙勝敏、下写真右は楊碩。