メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17カタログ左下
  • バナー左下(ミックス)
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

世界ジュニアtournament results category

【世界ジュニア】加藤美優、女子単は銅メダル

世界ジュニア

2016/12/07

【世界ジュニア】加藤美優、女子単は銅メダル

●女子シングルス準決勝
石洵瑶(中国) ー6、8、10、ー8、9、7 加藤
麥子詠(香港) 10、7、7、9 ディアコヌ(ルーマニア)
 
女子シングルス準決勝に日本勢で唯一残っていた加藤は、中国の石洵瑶に2ー4で惜敗。銅メダルが確定した。
試合後、「相手はやりづらかった。台から距離を取ってきたり、コースも散らしてきた。バック対バックにならないように、ミドルやフォアをうまく突いてきた」と語った加藤。ともにバックハンドが強い加藤と石洵瑶だが、攻守ともに安定性の高い加藤のバックハンドにボールが集まらないよう、石洵瑶はバックハンドで細かくコース変更。最初はネットミスが多かった加藤のしゃがみ込みサービスに対しても、次第にミスがなくなっていった。「シングルスでは優勝を目指していたんですけど、ここまで来られたことは結構頑張ったんじゃないかなと思います。ダブルスは絶対に優勝したいです」(加藤)
 
女子準決勝のもうひと試合は、香港の伏兵・麥子詠が勝ち上がった。第1ゲーム6ー10のビハインドから逆転すると、誰もが手こずるディアコヌのフォアストレートへのパワードライブ、中陣からの威力あるバックドライブにも正確に両ハンドで対応。派手さはないが非常にミスの少ないプレーを見せた。