メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17カタログ左下
  • 映画「ミックス。」PR
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。
  • HOME>
  • 大会結果一覧>
  • 【世界ジュニア】日本勢、ダブルス3種目はいずれも銀メダル

世界ジュニアtournament results category

【世界ジュニア】日本勢、ダブルス3種目はいずれも銀メダル

世界ジュニア

2016/12/08

【世界ジュニア】日本勢、ダブルス3種目はいずれも銀メダル

●混合ダブルス決勝
趙勝敏/金智淏(韓国)ー7、9、9、ー7、ー8、3、11 松山/早田
●女子ダブルス決勝
ディアコヌ/ドラゴマン(ルーマニア) 7、8、6、ー5、ー9、9 早田/加藤
●男子ダブルス決勝
安宰賢/趙勝敏(韓国)ー7、8、4、3、4 張本/龍崎
 
混合ダブルス、女子ダブルス、そして男子ダブルスとダブルス3種目の決勝に日本勢が登場。しかし、混合ダブルス決勝で松山/早田がゲームオール10ー7のマッチポイントから逆転されたことをきっかけに、日本チームはどこか流れを失ってしまった。女子ダブルス決勝では、「ミックスが終わった時点で、『大丈夫』と自分に言い聞かせて試合に入ったんですけど、コートに入るとさっきまでと同じ台で同じ雰囲気で、少しやりにくい部分はあった」という早田に序盤でややミスが多く、ルーマニアペアがタイトルを獲得。
ヨーロッパ勢の世界ジュニアでの優勝は、全種目を通じて05年リンツ大会の男子シングルスを制したバウム(ドイツ)以来、11年ぶり2回目のことだ。男子ダブルス決勝に登場した張本/龍崎ペアは、中盤から硬さが取れ、強烈なチキータを連発した韓国ペアの勢いにのまれた。
 
ダブルス2種目の決勝を戦い終え、今大会は団体での金メダル1枚、女子ダブルスと混合ダブルスの銀メダル2枚という結果だった早田。「女子シングルス2回戦で中国選手にリベンジされたけれど、まだダブルスが残っていると気持ちを切り替えることができた。でも、自分の気持ちの部分で負けてしまった。ダブルスでは半面にサービスが来るので、思い切ったレシーブがいろいろできるけれど、シングルスは全面に来る。そこでも思い切ったレシーブができるようになれば、さらに上を狙えると思います」(早田)。
悔しい敗戦にもしっかりとした口調で大会を総括した。女子ダブルス終了後、ドーハ行きの便ですぐにワールドツアー・グランドファイナルへと転戦。このハードな戦いの中で、大器はさらに力をつけていく。

上写真は早田/加藤、下写真左は松山/早田、下写真右は張本/龍崎