メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17カタログ左下
  • 功労者アワード_
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

世界ジュニアtournament results category

【世界ジュニア】13歳の新王者、張本智和が誕生!

世界ジュニア

2016/12/08

【世界ジュニア】13歳の新王者、張本智和が誕生!

●女子シングルス決勝
石洵瑶(中国) 2、10、11、3 麥子詠(香港)
●男子シングルス決勝
張本智和 ー7、ー9、6、10、8、ー7、7 趙勝敏(韓国)
 
今大会最後の一戦、男子シングルス決勝で快挙。13歳の張本智和が、大会史上最年少での優勝を飾った!
 
張本は男子ダブルス決勝で圧倒された趙勝敏に対し、序盤は得意のチキータを狙い打たれて苦戦。しかし、中盤からチキータは要所で使うだけに留めて、深く切れたツッツキからのブロックとカウンターを多用した。「(趙勝敏の)サービスは切れているから、チキータで狙うよりツッツキで返して、ブロックとカウンターで返していこうという作戦でした。とりあえずブロックでつなぐ、ひたすら相手より一本多くつなぐと決めていました」(張本)。ずっとリードされていた第4ゲーム、6ー7の場面で趙勝敏のサービスがフォルトを取られ、10ー7と一気に逆転して12ー10でこのゲームを取ったのも大きかった。
 
試合は最終ゲームまでもつれ、最後はまさに精神力の勝負。張本は4ー1、6ー2のリードから6ー6に追いつかれたが、最後まで相手の攻撃を粘り強くブロックし、最後はバックストレートへのパワードライブを決めて11ー7で勝利。その瞬間、フロアに崩れ落ちるように大の字になった張本。恐るべき勝負への執念を見せつけ、頂点へと上り詰めた!

また、女子シングルスでは準々決勝で平野美宇、準決勝で加藤美優を破った石洵瑶が優勝。決勝では堅実な攻守を誇る麥子詠の両ハンドを、準決勝までのバックハンド主体のプレーとは打って変わった積極的なフォアドライブ攻撃で打ち破った。今大会、中国のタイトル獲得はこの女子シングルスのみ。しかし、03年大会から続く、中国の女子シングルスのタイトル連続獲得記録を「14」に伸ばしている。

上写真は張本、中写真左は趙勝敏、中写真右は優勝を決めてフロアに大の字になった張本、下写真左は張本の表彰、下写真右は女子シングルス優勝の石洵瑶