メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17'秋冬パンフ
  • バナー左下(ミックス)
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

国内大会tournament results category

ビッグトーナメント…男子は吉村和弘、女子は田代早紀が初優勝!

国内大会

2017/04/09

ビッグトーナメント…男子は吉村和弘、女子は田代早紀が初優勝!

第26回日本リーグビッグトーナメントは、4月8日に茨城県池の川さくらアリーナで開催された。
男子決勝は、茨城県出身の吉村和弘(愛工大)と神巧也(シチズン時計)が対戦。第1ゲームを神、第2・3ゲームを吉村がとったところで、神が足に違和感を訴えた。
特別に時間が設けられ、試合再開となったが、第4ゲームを吉村が制して、初優勝を飾った。


【男子結果】
優勝 吉村和弘(愛工大)
準優勝 神巧也(シチズン時計)
3位 松下海輝(日鉄住金物流)、有延大夢(リコー)


抜群のボールタッチで故郷に錦を飾った吉村和弘


決勝ではアクシデントに見舞われたが、
最後まで持ち前のガッツ溢れるプレーを見せた神巧也

女子決勝は、田代早紀と石垣優香の日本生命同士討ち対決となった。
序盤から長いラリーの応酬となったが、落ち着いて攻め抜いた田代に軍配。初優勝を決めた。

【女子結果】
優勝 田代早紀(日本生命)
準優勝 石垣優香(日本生命)
3位 宋恵佳(中国電力)、加藤杏華(十六銀行)


大会通してミスが少なく、安定した戦いぶりだった田代早紀


準々決勝、準決勝とフルゲームの熱戦を制した石垣優香。
決勝では力尽きてしまったか…


また、翌日の9日には同会場で、小学生〜高校生を対象に出場選手との交流会が行われた。
選手たちは試合とは違った明るい笑顔で溢れ、参加者も憧れの選手に挑戦し、充実した時間となった。


笑顔で交流を図る、森薗美月(サンリツ)


約420名の子どもたちが参加した