メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17'秋冬パンフ
  • バナー左下(ミックス)
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

アジア選手権tournament results category

【アジア選手権】 男子準決勝終わる。決勝は、JEONG(韓国)とファン(中国)の対戦

アジア選手権

2017/04/16

【アジア選手権】 男子準決勝終わる。決勝は、JEONG(韓国)とファン(中国)の対戦

男子準決勝1試合目。丹羽(日本)選手とJEONG(韓国)選手が対戦。丹羽がゲームカウント1-0の10-8とリードし、ベンチの倉嶋監督がタイムを要求。無事にこのゲームを取り、2-0とする。しかし3、4ゲーム目は、JEONGが本来のプレーを見せて、2ゲームを連取。フルゲームとなる。迎えた5ゲーム目。丹羽のサービスエースなどがあり、5-0でチェンジコート。その後も丹羽のペースで進み、10-6とリード。勝負あったかと思われたが、JEONGは最後まであきらめずにプレー。結果、逆転。決勝進出を決めた。



▲最後まで自分のスイングを貫いたJEONG



▲決勝進出まであと1本だった丹羽

もう一つの準決勝は、ファンシェンドン(中国)と張継科(中国)が対戦。ファンの打点が早く威力あるバックハンド攻撃に、張は防戦一方。良いところがなく、ファンが2ゲームを先取する。3ゲーム目は、張が戦術を切り替え、積極的に攻撃を仕掛ける。するとファンが受け身になってしまい、張がこのゲーム目を取る。4ゲーム目も、張のペースで進み、3-3。ここからファンが前半戦のような素晴らしい攻撃を見せると一気に10-3とする。次の1本は落とすが、ファンのバックハンドドライブが最後決まり、見事決勝進出を決めた。



▲バックハンド攻撃とフォアハンド攻撃が良かったファン



▲3ゲーム目以降は、戦術を切り替えるも、流れを変えることができなかった…