メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17カタログ左下
  • 功労者アワード_
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。
  • HOME>
  • 大会結果一覧>
  • 【アジア選手権】 男子シングルスは、樊振東(中国)が優勝。日本の丹羽は、3位入賞

アジア選手権tournament results category

【アジア選手権】 男子シングルスは、樊振東(中国)が優勝。日本の丹羽は、3位入賞

アジア選手権

2017/04/16

【アジア選手権】 男子シングルスは、樊振東(中国)が優勝。日本の丹羽は、3位入賞

男子シングルス決勝は、樊振東(中国)とJEONG(韓国)が対戦。JEONGの攻撃をいかに封じれるか、がポイントであった。

1ゲーム目。樊は、自慢の両ハンドからの攻撃で、JEONGに主導権を渡さない。JEONGのドライブに対しても、打点の早いカウンタードライブで対応。1ゲーム目を取る。2ゲーム目も流れは変わらず、樊のバックハンド攻撃が冴え、このゲームを取る。

3ゲーム目は、JEONGも長いサービスからの展開を使うなどするも、その戦術にも樊が対応。接戦となるが3ゲーム目もとり、優勝を飾った。



▲この態勢からでも、強ドライブを放つ樊



▲自慢の攻撃を封じられてしまったJEONG



▲丹羽は、3位入賞