メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17'秋冬パンフ
  • バナー左下(ミックス)
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

大学生tournament results category

春季関東学生リーグ戦 男子は専修大、女子は中央大がV

大学生

2017/05/22

春季関東学生リーグ戦 男子は専修大、女子は中央大がV

平成29年度春季関東学生リーグ戦は、5月4日(木)~5日(金)に港区スポーツセンター、19日(金)~21日(日)に所沢市民体育館で開催された(2部は19~21日)。

男子1部は、専修大が3季ぶり、29度目の優勝を決めた。
優勝決定戦となった明治大戦では、トップで田添健汰(専修大)が新人の龍崎東寅に敗れたものの、2番で田添響(専修大)が船本将志に勝利すると、続く3番では及川瑞基(専修大)が3-2で森薗政崇に勝利。森薗は世界選手権を前に疲労がピークに達したか、4番ダブルスでも3ゲーム目で棄権。5番は三部航平(専修大)が酒井明日翔とフルゲームの末、5―9から逆転勝利を収めて優勝を決めた。






【男子1部】
優勝 専修大(7勝)
2位 早稲田大(6勝1敗)
3位 中央大(4勝3敗)
4位 明治大(4勝3敗)
5位 日本大(3勝4敗)
6位 筑波大(2勝5敗)
7位 法政大(2勝5敗)
8位 駒澤大(7敗)


女子1部は、中央大が6年ぶり25度目の優勝を果たした。
エースの山本怜、要所で得点を挙げた森田彩音など、粒ぞろいの選手層でラストまで回った試合は1試合と、全勝で完全優勝を決めた。
大場監督は「昨年あたりから上級生がしっかりチームをまとめてくれるようになった。それが優勝につながった」と振り返った。



【女子1部】
優勝 中央大(7勝)
2位 早稲田大(6勝1敗)
3位 東京富士大(4勝3敗)
4位 日本体育大(4勝3敗)
5位 日本大(3勝4敗)
6位 専修大(2勝5敗)
7位 淑徳大(1勝6敗)
8位 國學院大(1勝6敗)


男子2部は埼玉工大が優勝し、2015年秋以来となる1部昇格を決めた。



【男子2部】
優勝 埼玉工大(4勝1敗)
2位 國學院大(4勝1敗)
3位 大正大(3勝2敗)
4位 日本体育大(3勝2敗)
5位 東京経済大(1勝4敗)
6位 東洋大(5敗)


女子2部は青山学院大が全勝で2013年春以来となる1部昇格を決めた。



【女子2部】
優勝 青山学院大(5勝)
2位 筑波大(4勝1敗)
3位 大正大(3勝2敗)
4位 東京経済大(2勝3敗)
5位 東京女体大(1勝4敗)
6位 東洋大(5敗)