メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17'秋冬パンフ
  • バナー左下(ミックス)
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

ジャパンオープンtournament results category

【男子シングルス 準々決勝】水谷隼選手(日本)が李尚洙選手(韓国)と対戦。水谷がフルゲームの試合を制す!!

ジャパンオープン

2017/06/17

【男子シングルス 準々決勝】水谷隼選手(日本)が李尚洙選手(韓国)と対戦。水谷がフルゲームの試合を制す!!

水谷隼選手と李尚洙選手が、準々決勝で対戦。水谷が第1、2ゲーム目を幸先よくとるも、3ゲーム目からは、李の突き刺さるような鋭い弾道の両ハンド攻撃が冴え、3ゲームを連取される。第6ゲーム目も7-6とリードされ、水谷がタイムアウトを取る。するとこのタイムが効果的で、このゲームを取る。最終ゲームは、水谷が10-6とリード。勝負あったかと思われたが、李が粘りを見せて10-10とするが、次のラリーで李がチャンスボールをミスし、そのまま水谷が押し切った。

「第6ゲーム目がすべてで、あのゲームを取れたので7ゲーム目も取れたと思います。調子もよくなく、今日は50点ぐらいです。相手よりミスが少なかったので勝てた、という印象です。相手は2017世界選手権ドイツ大会のメダリストですし、こういう状況でも勝てたことに関してはよかったです。観客のみなさんの声援が力になったので、なんとか粘ることができました。明日も頑張ります」と水谷。



▲ベスト4入りを決めた水谷



▲威力満点の両ハンド攻撃の李尚洙


水谷 4 (6、9、-4、-6、-8、7、10) 3 李