メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17'秋冬パンフ
  • バナー左下(ミックス)
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

国内大会tournament results category

全日本マスターズ…優勝者決まる

国内大会

2017/10/29

全日本マスターズ…優勝者決まる

平成29年度全日本選手権大会マスターズの部は、10月27~29日の3日間、新潟県リージョンプラザ上越・上越市教育プラザ会館で開催され、1,715人が覇を競った。
以下、各種目結果――。

【男子サーティ】
優勝 高木和健一(千代田クラブ/東京)
準優勝 大塚裕貴(流山アストロズ/千葉)
3位 桑原勇希(岡谷市役所/長野)、藤森勇貴(ALLSTAR・ふじもりTTC/兵庫)


決勝では大塚との激しい打撃戦を制して初優勝を飾った高木和


【男子フォーティ】
優勝 柳延恒(TEAM SATO/兵庫)
準優勝 荒木和敬(荒木卓球クラブ/福岡)
3位 枝広一志(関西クラブ/岡山)、笹岡光央(RisingNiigata)


初優勝の柳。無駄のない動きで圧倒的な強さを見せた


【男子フィフティ】
優勝 小野守(梅屋敷卓球クラブ/神奈川)
準優勝 西田忠洋(チームN・E・O/島根)
3位 山田昭仁(青嵐クラブ/静岡)、花木友明(琉球卓球クラブ/沖縄)


積極的なフォアで攻撃を仕掛けていった小野が初優勝


【男子ローシックスティ】
優勝 河島国男(九十九/東京)
準優勝 長谷川豊信(卓精会/東京)
3位 江浜勲(日産追浜/神奈川)、具志堅一(双葉苦楽部/東京)


威力のあるフォアドライブで得点を重ねた河島は初優勝


【男子ハイシックスティ】
優勝 政本尚(清友クラブ/奈良)
準優勝 勝英雄(清友クラブ/大阪)
3位 広浜泰久(神馬クラブ/東京)、吉田雄三(ヨシダスポーツ/高知)


決勝では勝との同士討ちを制して、3年ぶり(ローシックスティ)の頂点に立った政本
サーティから数えると10度目の優勝となった


【男子ローセブンティ】
優勝 中村提見(サザンクロス・埼玉)
準優勝 冨金原修(チームDREAM/東京)
3位 中沢信介(平沼クラブ/東京)、鈴木和久(逗子クラブ/神奈川)


気合十分で緩急を使ったプレーが光った中村は2年ぶりの優勝


【男子ハイセブンティ】
優勝 黒田幸彦(仙台萩クラブ/宮城)
準優勝 原田武(ヒロタクスポーツ/広島)
3位 和田紘一(球楽会/神奈川)、玉山昌右(福井ベテラン会/福井)


粘り強いラリーとコースを突くプレーで3年ぶりの優勝を決めた黒田


【男子ローエイティ】
優勝 池内祥治(SEIZANクラブ/熊本)
準優勝 西村正人(下松オールスターズ/山口)
3位 秋田勝(浜寺クラブ/大阪)、内田薫雄(まるくらぶ/兵庫)


ミスの少ない安定したプレーが光った池内5年ぶり(ハイセブンティ)以来の優勝


【男子ハイエイティ】
優勝 正野素行(大阪ベテラン会/大阪)
準優勝 唐橋博(代々木クラブ/東京)
3位 神崎榮藏(枡江卓球同好会/宮城県)、濱惣六(岡谷雷鳥クラブ/長野)


独特なリズムで相手を惑わしミスを誘ったサウスポーカットマンの正野は2年ぶり頂点。
サーティから通算11度目の優勝を飾った



【女子サーティ】
優勝 坂本直子(スワンクラブ/長野)
準優勝 平澤優加(TEAM ZERO/東京)
3位 飯田嘉代(NEXT‘TAGE/京都)、海老原杏子(Lili/東京)


昨年3位の坂本が初優勝。矢継ぎ早に攻める打点の高い攻撃が得点につながった


【女子フォーティ】
優勝 松村優美(甲斐路クラブ/山梨)
準優勝 島村美恵(MD相模/神奈川)
3位 小野千代(卓精会/東京)、山崎玲奈(日専連クラブ/青森)


変化のあるカットで決勝では島村とのカット対決を制して初優勝を果たした松村


【女子フィフティ】
優勝 廣瀬孝子(HPC/大阪)
準優勝 大津絵美子(丸亀SC/香川)
3位 後藤眞理子(都クラブ/京都)、大嶋由美(八尾ひまわり/大阪)


2連覇を狙う大津を相手にマッチポイントを握られながらも死力を尽くしたカットで涙の初優勝を飾った廣瀬


【女子ローシックスティ】
優勝 船ヶ山昌子(サクセス/愛知)
準優勝 稲川佳代(大田クラブ/東京)
3位 髙木和恵子(千代田クラブ/東京)、鶴田昌枝(COLOR/神奈川)


テンポの速いプレーで積極的に攻めた船ヶ山は2連覇を達成


【女子ハイシックスティ】
優勝 高橋邦子(千代田クラブ/千葉)
準優勝 板谷典子(HPC/大阪)
3位 武田幸子(今治モナリザ/愛媛)、横山祐見子(ピンポン館/高知)


力強い攻撃で板谷の3連覇を阻止した高橋は、33年前のサーティ以来となる頂点に輝いた


【女子ローセブンティ】
優勝 持田恵子(サクセス/愛知)
準優勝 宮下隆子(大宮スカット/埼玉)
3位 村川治子(大宮スカット/埼玉)、平賀須美子(茶の実/神奈川)


巧みなコース取りで通算12度目となる優勝を果たした持田


【女子ハイセブンティ】
優勝 松澤勝南(黎明クラブ/愛知)
準優勝 池田章子(翡翠/大阪)
3位 福島正子(所沢レディース/埼玉)、河路悦子(AFクラブ・愛知)


覇者・池田との決勝でマッチポイントを握られながら逆転勝利収めた松澤


【女子ローエイティ】
優勝 珠玖幸子(浜卓会/神奈川)
準優勝 酒見トシ(つくば国際SC/茨城)
3位 土屋慶子(卓美会/東京)、長瀬ちづ子(明誠クラブ/愛知)


丁寧なプレーで2年ぶりの優勝を決めた珠玖


【女子ハイエイティ】
優勝 土佐昭子(浜卓会/神奈川)
準優勝 北波輝(情熱クラブ/大阪)
3位 宮川禮子(卓令/東京)、手代木静子(卓研パートナー/東京)


サウスポーを活かしたサイドを切るフォアサービスを操り、丁寧に攻めた土佐