メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17'秋冬パンフ
  • バナー左下(ミックス)
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

世界ジュニアtournament results category

薛飛、大会4冠王。中国が7種目を完全制覇!

世界ジュニア

2017/12/04

薛飛、大会4冠王。中国が7種目を完全制覇!

●男子シングルス決勝
薛飛(中国) 9、10、4、−9、8 モアガド(スウェーデン)
 
男子シングルス決勝、中国勢を連破してきたモアガドの快進撃を薛飛が止め、初優勝!
男子では09年大会の方博(中国)以来となる4冠王!
 
近年の男子選手では珍しく、レシーブでのチキータを全くと言っていいほど使わないモアガド。ストップとツッツキ、時折見せるフォアフリックから、対戦相手の攻撃をバックプッシュと打球点の早いフォアカウンターで狙う。技術の幅は狭いが、予測能力が非常に高く、天性のカンとゲームセンスで勝ち上がってきた。
 
しかし、世界ジュニアはすでに3大会目の出場となる薛飛は経験豊富。強引に攻めてカウンターを食らうより、サービス・レシーブの後はすばやく台から距離を取り、モアガドのカウンターをさばく。連続攻撃を薛飛にしのがれ、いらだちを募らせたモアガドは中盤で完全に集中力が切れていた。4ゲーム目は終盤でのエッジなどのラッキーポイントがあって取り返したものの、5ゲーム目は10−6で薛飛がチャンピオンシップポイントを握り、11−8で勝利を決めた。
 
ペンホルダーの選手が世界ジュニアのシングルスを制するのは、男女を通じてこれが初めて。シニアで活躍するには、フォアハンドのパワーとサービス・レシーブの強化が求められるが、15年大会決勝で逃したタイトルを手中に収めた薛飛。4冠の活躍で中国の7種目制覇に大きく貢献した。上写真は薛飛、下写真左は表彰での薛飛、右はモアガド。