メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 2018総合カタログ
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

全日本選手権tournament results category

女子準々決勝、平野、永尾が準決勝へ

全日本選手権

2018/01/20

女子準々決勝、平野、永尾が準決勝へ

●女子シングルス準々決勝 

平野(JOCエリートアカデミー/大原学園) -11、9、-3、10、-4、9、8 松澤(十六銀行)       

永尾(アスモ)10、-7、-8、-3、9、9、7 佐藤(ミキハウス)

女子シングルス準々決勝の前半2試合が行われた。

 

4年連続、全日本での対戦となった平野と松澤。過去3年は平野が勝利してしており、平野越えが上位進出のカギとなっていた松澤。序盤から快調に飛ばし、第1ゲームのジュースを松澤が奪う。平野のフォア前を徹底して狙う松澤のボールに、なかなかボールが合わない平野。平野は1-2とリードされた第4ゲームをジュースで取り、2-2とするも第5ゲームは松澤に4点で奪われ、松澤がゲームカウント3-2と平野に王手をかける。後がない平野は第6ゲームを9-3、10ー5と大きくリードするも松澤も平野にくらいつき、10-8となったところで平野ベンチがタイムアウト。タイムアウト後も松澤に1点を返されるも平野が踏ん張り11-9と決着は最終ゲームへと移った。平野が5ー0と大きくリードを奪いチェンジエンド、平野6-1となるも松澤も反撃し8-7まで追いつめる。最後は10-8から平野の攻撃が決まりゲームオーバー。平野が4年連続松澤に勝利し、準決勝進出を決めた。

 

カットの佐藤とドライブ強打の永尾の対戦は永尾が序盤、佐藤のフォアにボール集め、第1ゲームのジュースを奪う。しかし、第2ゲームからは永尾のループドライブを佐藤が狙い打つ場面が目立ち、カットと攻撃で得点を重ねた佐藤が3ゲームを連取。流れは佐藤に移ったかと思われたが永尾が緩急をつけた攻撃で徐々に得点し2ゲームを連取し、最終ゲームに突入。最終ゲームは永尾が終始リードを保ち、最後は10-7から永尾のロビング強打を佐藤が返せず。永尾が初のメダル獲得を決めた。

 

★永尾のコメント
「(佐藤さんとは)高校生の時に1回やっているだけ。向こうは国際大会で活躍している選手で、カットもすごく切れていて、攻撃の幅も多かった。自分の中で我慢することを言い聞かせて、1-3でゲームをリードされた時も冷静に戦おうとしました。
 自分の武器としているドライブが決まらなくて、前半焦ってしまった。1-3で負けている時もこのゲームを我慢して取れば相手も焦ってくるだろうと思っていたし、5ゲームを冷静にやれて、取れたことが大きかった。それまでは連続で打ちに行っていたので、5ゲーム目からツッツキを混ぜたり、ゆっくり打つのと強く打つのを混ぜていったのが良かった。
 最終ゲーム3-0から4-4-に追いつかれて焦ってしまったけど、後半は良い流れで戦えた。
 今回の目標は去年のベスト16を上回ることだったので、明日は思い切ってやるだけ。今日は観客も多くて緊張しました。
 平野さんとは今までやったことがない。ピッチも速いし、戦術の幅、コース取りのうまい選手。まず速さについていき、自分の良さを出していきたい」

※写真:佐藤に逆転勝利した永尾(上)と敗れた佐藤

(卓球王国配信)