メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 2018総合カタログ
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

全日本選手権tournament results category

女子ダブルス決勝は早田/伊藤 vs. 梅村/塩見

全日本選手権

2018/01/20

女子ダブルス決勝は早田/伊藤 vs. 梅村/塩見

●女子ダブルス準決勝 

早田/伊藤(日本生命/スターツSC) 6、-9、10、6 田代/前田(日本生命)   

梅村/塩見(四天王寺高) 11、8、8 佐藤/橋本(ミキハウス) 

 

女子ダブルス決勝の対戦カードは、早田/伊藤vs梅村/塩見に決定!

 

早田/伊藤は日本生命ペアと接戦になったが、3ゲーム目を逆転で奪ったのが大きかった。「3ゲーム目を取れていれば、4ゲーム目もこちらの流れになっていたと思う。世界3位のペアだから思い切ってプレーしようとして、そのとおりのプレーはできたけど、細かい部分で相手のペアのほうが上だった」と試合後の田代/前田ペア。世界3位の早田/伊藤ペア、優勝まであとひとつだ。

 

 

梅村/塩見は「サァ!サァ!サァ!」とよく声を出し、先輩ペアに対しても積極的なプレー。「やり慣れている相手で、戦術はあまり関係ない。気持ちの勝負だと思っていたけど、相手のほうが強気で向かってきた。攻撃が効かなかったです」(佐藤/橋本)。攻められても強い梅村/塩見ペア、大躍進の決勝進出となった。

※写真:田代/前田を破り決勝進出を決めたみまひなペア(上)と敗れた田代/前田

(卓球王国配信)