メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 2018総合カタログ
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

全日本選手権tournament results category

女子ダブルス優勝は早田ひな/伊藤美誠!!

全日本選手権

2018/01/20

女子ダブルス優勝は早田ひな/伊藤美誠!!

●女子ダブルス決勝

早田ひな/伊藤美誠(日本生命/スターツSC) -5、7、9、5 梅村優香/塩見真希(四天王寺高)

 

女子ダブルス優勝は早田ひな/伊藤美誠!

伊藤はダブルス2種目優勝を達成!

 

早田、伊藤、塩見は高校2年生、梅村は高校3年生という「女子高生対決」となった女子ダブルス決勝。異質同士のペアで守備力が高い梅村/塩見の前に、1ゲーム目は連続攻撃のミスが目立ち、5-4のリードから7点連取を許して5-11で落とした早田/伊藤。しかし、2ゲーム目以降は強引な力攻めを避け、特にフォア粘着ラバーの早田のループドライブをうまく使って梅村/塩見のミスを誘った。3ゲーム目は10-5から10-9まで挽回されたが、ツッツキ対ツッツキのラリーから早田がブロックで得点。強打だけに頼らず、冷静にプレーした。

 

4ゲーム目は伊藤のフォアハンドが次々に決まって3-3から8-3、9-5と突き放し、10-5でチャンピオンシップポイント。最後は早田のチキータレシーブが決まり、一瞬間をおいて、早田と伊藤は笑顔で抱き合った。さすがの強さ、納得の戴冠だ。

 

★早田/伊藤ペアの優勝インタビュー

 

伊藤:早田選手と全日本に初めて出させてもらって、うれしいというよりホッとしたというのが一番です。1ゲーム目の最初はすごく良い状態で入ったんですけど、後半は相手が良いプレーを出してきて、自分たちがちょっと凡ミスが多くて落としてしまった。2ゲーム目からしっかり調整できたので良かったと思います。まずは自分たちが最後まで攻め切ることを第一に考えて、4ゲーム目は全部攻めていきました。

 

早田:決勝でこの舞台に立つことができて、美誠と組んで優勝できたので本当にうれしいです。最初のほうはちょっとフォアでいきすぎて、無理して打ってしまうボールがあったんですけど、後半はしっかり両ハンドを振っていけば自分のボールは通用すると確信してプレーできたので、それが良かったと思います。

 

伊藤:自分たちから挑戦者のつもりでプレーすると、全日本が始まる前から決めていたので、向かっていけたと思います。

 

早田:今日も「みまパンチ」が決まったり、自分のドライブがしっかり決まったりしていた。自分たちらしいプレーが決勝でできるのは自分たちの強み。また組ませてもらえる機会があったら、そういうところを伸ばしていきたい。

 
※写真:新チャンピオンとなった早田/伊藤 

(卓球王国配信)