メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • nittaku_18awcatalog_230×125
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

全日本選手権tournament results category

女子準決勝、伊藤が石川を破り三冠に王手

全日本選手権

2018/01/21

女子準決勝、伊藤が石川を破り三冠に王手

●女子シングルス準決勝  

伊藤(スターツSC)  -7、7、8、6、8  石川(全農)

 

 1ゲーム目、石川が徹底してバックへ長いサービスを出し、伊藤がうまく対応できずに11-7で石川が先取。

 2ゲーム目、伊藤の逆襲が始まる。7本で取り返す。3ゲーム目は一進一退。石川の攻めを伊藤はカウンターとブロックで対応し、最後は伊藤の台上強打が決まり、11-8でゲームを連取。

 4ゲーム目、石川は流れを変えるために緩急をつけて崩しにかかる。6-6からの激しいラリーを伊藤が制し、7-6。伊藤が乗ってきて、カウンターが決まる。11-6で伊藤が3ゲーム連取。

 

 あとがなくなった石川だが、5ゲームの1本目でサービスミス。しかし4-1と石川リード。5-4から伊藤が連続スマッシュで5-5に追いつく。6-6から伊藤のスマッシュで伊藤7-6、次を伊藤のドライブがフォアストレートに決め8-6で石川がタイムアウト。タイムアウトを取るのが遅かった印象がある。「本当は2-2とかで取りたかった……どうしようもなく取ったという感じ。それも気持ちが弱気になっている証拠。タイムアウトを取るのも勇気がいりますから」(石川)。

 次を伊藤はロングサービスから3球目スマッシュで9-6。9-8になったところで伊藤がタイムアウト。次のラリー戦で伊藤のスマッシュが決まり、10-8とマッチポイント。最後も伊藤はスマッシュで決め11-8で、初めての決勝進出を決めた。

 

★石川のコメント

「1ゲーム目を簡単に取ったことで、逆に2ゲーム目以降、『入れ』にいってしまった。弱気の虫がでてきて、守りになってしまったのが敗因。相手のミス待ちでは待てない、今日はとても勉強になりました。今回は準決勝がもっとも重要な試合になるのはわかっていて、それなのに1ゲーム目を簡単に取れたことで入れにいってしまった。4ゲーム目の5-2から挽回されて、焦ってしまった。弱気になったら絶対勝てない。もっと強くならなくてはいけない」 

★伊藤のコメント

「石川選手に勝てたことは本当にうれしいです。石川選手とは何度か対戦していて、お互いに知っていて、一発目から長いサービスを出されたり、すごく攻められたが、最後で粘りきることができた。ミックス、女子ダブルス、シングルスといい調子で来ているので、『三冠、三冠』と考えすぎないように、決勝は自分のプレーができたらいいかなと思います」