メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • (画面左下)bnr_takusuru_230-125
  • 2018総合カタログ
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

全日本選手権tournament results category

皇后杯は伊藤美誠の手に!三冠達成

全日本選手権

2018/01/21

皇后杯は伊藤美誠の手に!三冠達成

●女子シングルス決勝
伊藤(スターツSC) 7、9、2、-5、6 平野(JOCエリートアカデミー/大原学園)
 
みう・みま対決となった女子シングルス決勝、手の内を知り尽くした選手同士の対戦は伊藤美誠が4-1で平野美宇を破り、女子シングルスの頂点に立った。
 
第1ゲーム、平野が7-5とするも次のサービスをミス。そこから伊藤に流れが移り、伊藤が6点連取で第1ゲームを先取した。第2ゲーム、伊藤が4点連取するも平野も4点を連取し4-4に追いつく。伊藤リードの8-5から平野が3点連取で8-8に追いつくも、ハイレベルなラリーを制した伊藤が11-9とし2ゲームを連取する。第3ゲーム、伊藤が3-0とした時点で流れを変えたい平野ベンチがタイムアウト。タイムアウト後も流れは変わらず、伊藤の攻撃が続き、11-2で第3ゲームも連取し、優勝に王手をかけた。
 
後がなくなった平野が第5ゲームを5点で奪い返すも、第6ゲームで決着をつけたい伊藤が4-3から5点連取で9-3とする。9-4、10-4、10-6から伊藤のバックドライブが決まり、ゲームオーバー。女子シングルスで新チャンピオンが誕生した。
 
伊藤の優勝インタビューでのコメント:
「三冠がかかった試合だったけど、思いっきりできたのがよかった。おととし4-0で負けた相手だったので、全日本の借りはここでしか返せないと思ってがんばりました。今年はなんとしてでも優勝したいという思いのぞんだ大会でした。優勝目指してやってきたのですが、去年の失敗を繰り返さないように1戦1戦やるようにしました。バックドライブが効いて、ほぼ相手に点数をとられなかった。7000人の観客のみなさんに見てもらえて、とても幸せです」

(卓球王国配信)