メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17'秋冬パンフ
  • BSジャパン「卓球ジャパン!」
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

全日本選手権tournament results category

全日本史上最年少三冠 伊藤美誠(スターツSC)

全日本選手権

2018/01/26

全日本史上最年少三冠 伊藤美誠(スターツSC)

伊藤美誠選手(スターツSC)ニッタク契約選手

全日本史上最年少三冠に輝きました。

【2月28日まで】全日本三冠&応援ありがとうキャンペーン

 

清々しい笑顔が印象的だった優勝会見の様子をまとめてお伝えします。

★女子シングルス優勝会見

「本当にとってもうれしいです。出るからには優勝したいと思っていたけど、一戦一戦をしっかり戦うというのが目標で、3種目とも戦い抜くことができたのが結果につながりました。
 平野選手とは2年前の全日本準決勝で0−4で負けていて、すごく強くて完敗だった。全日本の借りは全日本でしか返せないと思っていた。この大きな舞台の決勝で戦えて幸せだし、試合ができて良かったと思います。1ゲーム目からとにかく攻めること、動いていくことを意識して、ちゃんと取ることができたのが大きかった。

 準決勝の石川さんにはチェコオープンの決勝で初めて勝って、それから全日本までは試合をしていなくて、すごく気合いを入れてくることはわかっていた。勝って凄く自信になったし、2試合連続で勝てたことも自信になります。今大会は本当に死にものぐるいで、一戦一戦戦ってきた。集中力がものすごく高かかった。
 決勝は3−0のリードから4ゲーム目は少し集中力が切れてしまったけど、立て直すことができました。いつもなら崩れてしまうことがあるけど、切り替えられたのは成長できている点だと思います。今日の会心のラリーは、2ゲーム目の10−9から得点したラリー。平野選手にはラリーで負けたくなかった。我慢、我慢で取ったラリーでした」

★女子ダブルス優勝会見(早田/伊藤ペア)

 

伊藤:早田選手と全日本に初めて出させてもらって、うれしいというよりホッとしたというのが一番です。1ゲーム目の最初はすごく良い状態で入ったんですけど、後半は相手が良いプレーを出してきて、自分たちがちょっと凡ミスが多くて落としてしまった。2ゲーム目からしっかり調整できたので良かったと思います。まずは自分たちが最後まで攻め切ることを第一に考えて、4ゲーム目は全部攻めていきました。

 

早田:決勝でこの舞台に立つことができて、美誠と組んで優勝できたので本当にうれしいです。最初のほうはちょっとフォアでいきすぎて、無理して打ってしまうボールがあったんですけど、後半はしっかり両ハンドを振っていけば自分のボールは通用すると確信してプレーできたので、それが良かったと思います。

 

伊藤:自分たちから挑戦者のつもりでプレーすると、全日本が始まる前から決めていたので、向かっていけたと思います。

 

早田:今日も「みまパンチ」が決まったり、自分のドライブがしっかり決まったりしていた。自分たちらしいプレーが決勝でできるのは自分たちの強み。また組ませてもらえる機会があったら、そういうところを伸ばしていきたい。

 

(卓球王国配信) 

【2月28日まで】全日本三冠&応援ありがとうキャンペーン

伊藤美誠 選手プロフィール

卓球王国WEB
~はつらつ磐田っこ みまのデコDECO日記~