メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 2018総合カタログ
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。
  • HOME>
  • 大会結果一覧>
  • 【男子準決勝】中国が決勝進出。スウェーデンは観衆を熱狂させた

世界卓球tournament results category

【男子準決勝】中国が決勝進出。スウェーデンは観衆を熱狂させた

世界卓球

2018/05/05

【男子準決勝】中国が決勝進出。スウェーデンは観衆を熱狂させた

男子準決勝
トップは馬龍とM.カールソン。M.カールソンのフォア表から放つスマッシュ対し、馬龍は序盤こそ手こずるが、台から距離をとってタイミングをつかみながらカウンタードライブで対応。M.カールソンも安定しバックハンドで粘り強くラリーを返すが、馬龍に軍配。

2番は樊振東とサウスポーのK.カールソン。K.カールソンは樊振東の威力のあるフォアハンドに対し、強気のバックカウンターで1ゲームを奪ったが、樊振東はラリーにする前にサービスレシーブから積極的にフォアで攻撃を仕掛けて、3-1で勝利。

3番は許昕とヨン・パーソン。ヨン・パーソンはラリー戦で相手のボールをいなしながら、コースを突いて得点を重ねるが、許昕はサービスで崩していく。許昕の短い下切れのサービスは予想以上の切れ味。ヨン・パーソンは警戒しながらレシーブするが、時折混ざるナックルサービスにチャンスボールを与えてしまう。結果、第2ゲームこそ競り合ったが、許昕がストレートで勝利。
中国が決勝進出を決めた。

スウェーデンはグループリーグでドイツについで2位通過。8決定戦でチャイニーズタイペイとの大激闘を制し、さらに準々決勝で日本をくだしたイングランドに3-0のストレートで勝利し、2001年大阪大会以来となるメダルを確定させた。
中国の厚い壁に屈したが、ファンを熱狂させる大健闘だった。




中国3-0スウェーデン

〇1馬龍(6,5,11)M.カールソン
〇2樊振東(11,-8,3,2)K.カールソン
〇3許昕(6,11,5)ヨン・パーソン





トップで勝利した馬龍



樊振東


許昕


M.カールソン


K.カールソン



ヨン・パーソン


惜しくも敗れたスウェーデン選手に対し、ファンからはスタンディングオベーションで健闘が称えられた