メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • nittaku_18awcatalog_230×125
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

世界卓球tournament results category

【男子決勝】中国が9連覇を達成

世界卓球

2018/05/06

【男子決勝】中国が9連覇を達成

中国は馬龍・樊振東・許昕の最強の布陣のオーダーに対し、ドイツは不調のオフチャロフを起用せず、ボル、カットのフィルスを2点使い、3番に準決勝で好調のプレーを見せてラストに勝利したフランチスカというオーダー。

トップは馬龍とボル。馬龍のフォア前への下回転、横回転のサービスを最後までボルは見極められずレシーブからの展開で優位に立てない。互角のラリーを見せたボルだったが、総合力で馬龍が上回り、馬龍が先取点を挙げた。

続く2番は樊振東とフィルス。樊振東はフィルスのバックにドライブを集めながら、ミドルを突きチャンスボールをフォアに決めていく。フィルスはフォアドライブ、粒高のバックを混ぜてミスを誘うが、樊振東も隙がなくカウンターで狙っていき、ストレートで樊振東が圧勝。

3番は許昕とフランチスカ。フランチスカは正確なストップとハーフバウンドツッツキで許昕に打たせてからカウンターを狙っていき第2ゲームを奪取。引き合いでもパワーのあるフランチスカが強さを見せたが、許昕は的を絞らせないためにコースを散らしながら、先手をとって3-1で許昕が勝利。

最高記録だった中国女子の8連覇を抜いて9連覇を達成した。



中国3ー0ドイツ
〇1馬龍(4,8,3)ボル
〇2樊振東(4,5,4)フィルス
〇3許昕(-9,10,7,5)フランチスカ