メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • nittaku_18awcatalog_230×125
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。
  • HOME>
  • 大会結果一覧>
  • 【世界ジュニア】渡邊隆司監督「大藤は2点起用を決めていた」

世界ジュニアtournament results category

【世界ジュニア】渡邊隆司監督「大藤は2点起用を決めていた」

世界ジュニア

2018/12/06

【世界ジュニア】渡邊隆司監督「大藤は2点起用を決めていた」

 熱戦から一夜明け、日本女子チームの渡邊隆司監督が、女子団体決勝について語った。
 
 女子団体決勝では、中学2年生の大藤を2点起用。「大藤については、今大会ではずっと2点起用していこうと思っていました。国際大会でも活躍しているし、自力で選考会で代表権を獲得した唯一の選手なので、長崎とのツインエース扱いで、中国の主力選手とも勝負させようと考えていました」(渡邊監督)。その期待の大きさがうかがえた。
 
 2番の大藤と石洵瑶(16年世界ジュニア女王)の一戦については、「大藤は銭天一に当てにいった。昨日もぼくが(左腕の)サービスをずっと出して、備えていたんですけど、中国がオーダーを変えて前半で石洵瑶に当たる組み合わせになった」とコメントした渡邊監督。準決勝とは1番手と2番手を入れ替え、日本のオーダーを外した中国は、オーダーにも日本対策を感じさせた。
 
 「大藤は1ゲーム目、サービスが効いている時に浮いたチャンスボールを打ちミスしていたのが痛かった。1ゲーム目を取っていれば、相手へのプレッシャーも試合の展開も変わってくるので、その打ちミスがすべてだったと思います。ただ、中国選手と対戦するとプレッシャーがあるので、浮いたボールをしっかり決めるのは難しいですね」(渡邊監督)

 上写真は女子団体決勝でプレーする大藤、下写真左は石洵瑶/右は大藤を迎える渡邊監督