メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • [TOP左下]19SS伊藤選手表紙バナー230×125
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

国際大会tournament results category

【アジアカップ】樊振東、朱雨玲が連覇。丹羽、石川が3位

国際大会

2019/04/07

【アジアカップ】樊振東、朱雨玲が連覇。丹羽、石川が3位


男子決勝は、馬龍と樊振東の同士討ち。決勝戦に相応しい激しいラリーを展開。目にもとまらぬ速さのカウンターや破壊力のあるドライブなど見応え十分のゲームとなった。
これまでの結果からみると、分がいい馬龍が2対1とリードしたが、樊振東の狙いすましたカウンターや積極的な攻撃で逆転。
樊振東が3-2と王手をかけた第6ゲームは、9-7と馬龍がリード、最終ゲームに持ち込まれるかと思われたが、樊振東が挽回して10-9とマッチポイントを握る。しかし再び馬龍がフォアドライブで攻めてジュースに。
最後は、高速のバック対バックから樊振東がストレートに決めて勝利。
樊振東が2連覇を達成した。


男子優勝 樊振東(中国)


男子準優勝 馬龍(中国)


女子決勝は、昨年と同じ顔合わせとなった朱雨玲と陳夢が対戦。互いにコースを突きながら、五分五分のラリーで競り合いを見せたが、朱雨玲が気迫のプレーで粘り切り、大会史上初となる3連覇を達成させた。
朱雨玲は今月末に行われる世界選手権大会のシングルスに選出されなかったが、その悔しさを糧に素晴らしいプレーを見せた。


女子優勝 朱雨玲(中国)


女子準決勝 陳夢(中国)


男子3位決定戦は、丹羽孝希と張本智和の同士討ち対決。序盤から丹羽が、打点の早い攻撃で張本を圧倒して2ゲーム連取。張本も威力のある両ハンドで応戦し第3ゲームを奪取。続く第4ゲームは再び丹羽の速攻が光り、3対1となった場面で、張本がインジャリータイムを要求。「カタールオープンを終えた翌朝、右手薬指に痛みを感じた」と試合後の会見で張本は理由を明かした。倉嶋洋介男子代表監督も「世界選手権があるから無理しなくていい」と声をかけたそうだが、「リードされている状態で棄権したくなかった」と試合を続行。
あまりラリーにならないようにするためか、張本は一発を狙った攻撃に徹したが、丹羽はそれを上手くかわして4-2で勝利。初となる3位入賞を果たした。
「2ゲーム連取したことで有利な展開にできた。動画を観て研究し、コース取りや緩急をつけてプレーできた。張本はケガをしたようですが、張本らしくないプレーで残念な終わり方になってしまった」と丹羽。


男子3位 丹羽孝希


男子4位 張本智和


女子3位決定戦は、石川佳純と馮天薇(シンガポール)が対戦。初日の予選リーグでは「不甲斐ない試合をしてしまった」と石川が振り返った通り、3対0で馮天薇が勝利していたが、今試合は序盤から石川の積極的な攻撃が決まる。しかし、馮天薇も負けず劣らずの粘り強さでジュースの連続となる。
厳しい場面でも思い切ったロングサービスでチャンスをものにした石川が3対1と王手をかけると、第5ゲームは石川が優位な展開で試合を進め、4対1で勝利。
5ゲームのうち、4ゲームがジュースという厳しい戦いを石川がものにし、3年連続3位入賞を果たした。
「予選で0対3で負けていたので、逆に思い切って試合ができました。3ゲーム目を接戦で落とし、4ゲーム目も流れが相手に傾いてしまいながらも勝てたことは大きかったです」と石川。


女子3位 石川佳純


女子4位 馮天薇(シンガポール)

なお、今回の結果により、男女上位3名がワールドカップへの出場権を獲得した。

5-6位決定戦に臨んだ平野美宇は、予選リーグで敗れた杜凱琹(中国香港)と再び対戦。2ゲームを先取し、流れがあったかのように思われたが、やはり苦手意識があったか。再び逆転を許し、粘りは見せたものの、結果4対3で杜凱琹が勝利した。
「相手が変えてきたことに対して対応できず、凡ミスが増えてしまった」と平野。


女子6位 平野美宇



【男子】
決勝
樊振東(中国) 4(9-11,12-10,9-11,11-7,11-8,12-10)2 馬龍(中国)

3-4位決定戦
丹羽孝希 4(11-7,11-3,3-11,11-5,9-11,11-8)2 張本智和

5-6位決定戦
林昀儒(チャイニーズタイペイ) 4(11-4,11-8,11-8,14-12)0 グナナセカラン(インド)

7-8位決定戦
李尚洙(韓国) 4(11-9,11-7,5-11,11-3,6-11,11-7)2 黄鎮珽(中国香港)


【女子】
決勝
朱雨玲(中国) 4(15-13,4-11,11-5,11-8,7-11,11-6)2 陳夢(中国)

3-4位決定戦
石川佳純 4(12-10,14-12,15-17,17-15,11-8)1 馮天薇(シンガポール)

5-6位決定戦
杜凱琹(中国香港) 4(7-11,10-12,11-8,11-7,8-11,11-3,11-7)3 平野美宇